無料動画講座&メルマガ(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4


書籍紹介「お客様の記憶に残るお店のリピーターをつくる35のスイッチ」 ブログ#282

 中小企業診断士の資格を取得する前から、
お店が繁盛する理由を考えたりするのが好きで、
そういったテレビなどもよく見ておりました。

 そして、最近、よく利用している居酒屋さんが
いつも人気で混んでいて、
なぜこんなに人気があるのだろうかといつも不思議に思っていたところ、
ある日、私が、お店の大将に、
「大将のハイボールはなんか違う気がするんですよ」
と言ったところ、
 
「実はね、うちのハイボールは炭酸の濃度を上げる機械使ってんだよ、
 炭酸が抜けやすいからね。ボクお酒飲めないんだけどさ」
と言われました。
 
 大将ご自身はお酒が飲めないにもかかわらず、
細やかな配慮をなされているということに感動しました。
 
 またある日、
お客さんがグラスのお酒を飲みほしたときに、
「カラン」とグラスの中の氷の音がしただけで、
大将が「はい、おかわりつくったよ」と言って、
お酒を提供されていた様子を見て、
こういう細やかな配慮の積み重ねが、
どんどんリピーター、ファンを生んでいるのかもしれない、
と思いました。 
  
 そのような中で、
この書籍を読んだところ、
まさに、そういったことが書いてあり、
とても興味深く読みました。
  
  良いお店だけれどもリピーターが増えないお店にならないように、
お店のリピーターをつくるスイッチをつくるべきで、それを、
①心のつながり
②記憶のつながり
③モノでのつながり
④キッカケ
の4つに分類されていて、
とても納得しました。
 一つ一つの内容自体は、見たこと聞いたことがあるものですが、
この分類が秀逸であり、また説明もとても明快でした。
 
 私なりに響いた点をまとめると
以下のようになりました。
 
①心のつながり
 ・人柄
   心の温かみ:覚えていることを伝える 手間をかける 目を見る
   柔軟性
 ・商売人魂(サービス提供者としての信頼)
   こだわり 譲れない事
 ・技術(品質・安心等)
   数字 具体的な言葉
②記憶のつながり(自店を選ぶ理由、また行きたいと思う)
 ・らしさ
   大切にしている想い ほかのお店にない 意識せず自然に出る振る舞い
 ・良さ
   商品・サービス品質の高さ 素材の良さ・特徴 製造工程・技術の高さ
 ・関連付け、フォーカス、繰り返し、感情、インパクト、ライブ感、参加
③モノでのつながり
 ・お店にいた証、写真、日常で使えるモノ
 ・メルマガ、ニュースレター、チラシ、SNS
④キッカケ
 ・お得の期限、新メニュー・新サービス、更新情報、特別感、季節

 大変勉強になりました。
 ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

書籍紹介「お金をかけずに売上を上げる販促ネタ77」 ブログ#281

 中小企業診断士の資格を取得した際、
マーケティング関係の勉強をしましたが、
 コロナによって社会が一変した今、
あらためて、マーケティング手法を学び直そうと思っていたところ、
たまたまご紹介いただいた書籍、
とても面白かったです
 
 77ものアイデアがあるため、
折に触れて読み返すことで、
そのときごとのアイデアが
浮かぶのではないかと思いました。
  
 よく、マーケティングでは、
「マーケティングの正解は机上の空論ではなく、
 市場の反応がすべて」
「どれが正解か誰にもわからないので、
 打てる手は全部打つ」
「打ち手を数多く知っていて、
 一つ一つ試せる人が勝つ」
という話をよく耳にしますし、
そのとおりだと思いますので、
こういったアイデア集はありがたいと思いました。
 
 コンサルティング・コーチングの際も、
「着眼点」の引き出しを多く持っていることが
有益であり、着眼点のストックを増やせると思いました。
 
 特に面白かったのは、
スーパーで、お水の専用ボトルを買うと、
その後は何回お水を入れて持ち帰ってもタダ、
というサービスはよくありますが、
あれは、その後、定期的にお店に来店してもらえることを
狙ったもので、来店頻度が増えれば、
他店に行かれずに、売上につながることが狙いで、
 
 ただし、
最初から無料にしてしまうと、
「無料のモノ」と思われてしまって、
効果が薄くなってしまうため、
最初にボトルを「買ってもらう」「有料にする」
そうすると、自分でお金を出して買ったものに
価値を感じるため、その後も、
何度も利用してもらえる、
という狙いだそうで、
とても納得しました。
 
 ほかにも、
アメ横の店頭の段ボール陳列には意味があって、
人は商品を手で触ると入店の抵抗感が少なくなるそうで、
綺麗な陳列よりも、段ボールで雑多な陳列のほうが、
手に取る抵抗感がすくないので、
こういった狙いで入店確率を高めているそうです。

 とても勉強になりました。
 ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る