無料動画講座&メルマガ(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4


よくある破産の誤解:紙芝居型ブログ ブログ#268

「30分ミニ社員研修教材」

 よく誤解されている破産についての
研修教材です。

<よくある破産の誤解>

 こちらは,A社長です。A社長は,もともと料理が好きでした。そのため,長い間,飲食店を経営していました。もともと真面目で勤勉な性格のA社長のお店は,一時期はとても繁盛していましたが,残念ながら,不景気の波にのまれ,経営が苦しくなってしまいました。

そのため,半年前にお店を閉店させました。そして,資金の借り入れをしていた銀行に相談に行ったり,支払いが遅れてしまっている不動産の賃料や,取引先への支払いについて,お詫びをしに回っているうちに,半年ほどの時間が経ってしまいました。

 はー,困った困った。お店の経営がもうどうしようもなかったから,お店は閉めたけれど,今までの借金や,支払いが遅れてる家賃や取引先の請求書,いったい,どうしたらいいんだろうか。困ったなぁ。 

 次の仕事をしたいと思ってハローワークにも通ってるけど,なかなか仕事も見つからないし,まいったなぁ。やっぱりもう破産するしかないのかな。

 でも,破産ってなんかすごい怖いんだよなぁ。いったい,どうなっちゃうんだろう。

 こわいけど,一度,弁護士さんに,相談してみよう

 こちらはB弁護士です。

 こんにちは。今日は,どうされましたか?

 あ,どうも初めまして。今日は,破産について相談させていただきたくて,お伺いしました。

 あー,そうなのですね。はい,なんなりとお聞きになってみて下さい

 ありがとうございます。実は,私は,半年ほど前まで,飲食店を経営していたのですが,この不景気で立ちいかなくなってしまってお店を閉めました。

 それで,銀行からの借り入れとか,不動産の賃料とか,取引先への支払いとか,なんとかしなければならないとは思っているのですが,どうしたら良いかわからなくて,今,破産することを考えています。

 先生,破産すると,無一文になるのでしょうか?手持ちのお金が全てなくなってしまうとしたら,もう明日からどう生活すれば良いかわからないんです。

 いえいえ,破産をしても,無一文になるということはありませんよ。そうなってしまったら全く生活できなくなってしまいますからね。そこで,たとえば,自由財産と言って,一定の範囲の財産は持つができて,それを上回る部分については,債権者への配当などに回されるのが原則ですよ。もちろん,不動産とか高価なものは手放すことにはなりますが。

 あ,そうなんですね,よかったです。無一文になるとしたら,どうしても躊躇してしまってまして。

 それと,先生,破産をしたら,公的な年金をもらえなくなったり,銀行の口座をもてなくなるのでしょうか?

 いえいえ,公的な年金はもらえますし,銀行口座もつくれますよ。

ただ,銀行から借金をすることは,一定期間は難しくなります。というのは,借り入れは審査がありまして,今回,借金の返済を遅滞していることや,破産の経歴などについては,信用情報機関のほうでそういったデータが保管されますので,金融機関は貸付をする際にそのデータを確認するのが通常ですので,そうすると,そのデータが保存されている間は,新たに借り入れをすることは難しくなるという面はあります。

 なるほど,そうなのですね。

 それと,先生,破産をすると周りにバレて,戸籍とか住民票にも破産者と書かれて,一生,破産者として扱われてしまうのでしょうか?

 破産をしても,戸籍や住民票に記載されることはありませんよ。借金の相手方など,迷惑をかけてしまう相手方には,破産手続きに関するやりとりをするので破産することは伝わりますし,そこからある程度広まることはあります。

あと,官報にも,破産についてお名前が掲載されます

 先生,官報って,なんでしょうか?

 官報というのは,よく,日本という国が発行している新聞のようなもの,などと言われていますね。県庁所在地の官報販売所というところで販売されていて,インターネットでも一部を見ることができます。例えば,新しい法律ができたときには,この官報に掲載されますし,その他いろいろな情報が掲載されています。ここに掲載されてからネット上で情報が広まることはありますね。

 一般の方が官報を見ることってほとんどないと思いますので,官報は知らない方も多いですよ。

 へー,そうなんですね,お恥ずかしながら,今まで生きてきて,初めて,官報について知りました。私の周りの人もほとんど知らないんじゃないかと思います。そう考えたら,官報に名前が載っても,おそらく私の周りの人は気づかないんじゃないかと思いました。

 それと先生,破産をしたら,選挙権がなくなるとか,資格がなくなるとか,そういったことって,あるのでしょうか?

 選挙権がなくなることはありませんよ。資格については,内容をその都度確認する必要がありますね。例えば,色々なケースがありますが,保険とか警備とか,人の財産に関わるようなお仕事の資格については,破産の手続きをしている間は一旦そのお仕事はできなくなり,破産の手続きが終了して一定期間経過したあとは,元に戻れる,というような,制限がなされることはあります。資格についてはいろいろなケースがあるので,その内容をその都度確認する必要がありますね。

 なるほど,そうなのですね。少し,安心しました,ありがとうございます。

 実は,お店がうまくいかなくなってしまって,いろんな人に迷惑かけてしまって,長く落ち込んでまして。もうどうして良いかわからなくなっていたのですが,今日のお話をお聴きできて,少しだけ気が楽になりました。

 そうだったのですね。不景気になったことは仕方のないことだと思います。ちなみに,私がいつも,こういったご相談にいらした方にお伝えしていることがあるんですけど,お伝えしても良いですか?

 はい,なんでしょう?ぜひ,教えてもらいたいです。

 はい,大変なときほど,どうか孤独にならず,孤立せず,いろんな人とコミュニケーション取ってみて下さい。一人になるとどうしてもネガティブなことを考えてしまいがちですし,いろんな人とコミュニケーションをとると良い情報が入ったり,アイデアが思い浮かんだりします。

 それと,みなさん真面目な方が多いですから借りたものを返せないことに思い悩む方が多いです。思い詰め過ぎてしまう方がいます。

もちろん約束を守ることはとても大切なこだと私も思います。ただ,お店の経営のように,リスクをとって挑んだこと,挑戦したことは素晴らしいことだと思います。それは誇れることだと思います。なので,必死に頑張って,努力したうえで,それでもダメだったときは自分を追い詰め過ぎないで欲しいと思います。 

そこで,破産といういわばフレッシュスタートする権利を,法律が認めている権利を,使って良いと思います。まじめな人ほど,優しい人ほど,自分を追い詰めてしまいますから,どうか,こんな考えもあるんだなっていうことを,少しだけ,覚えていてもらえたらと思いました。

 ありがとうございます。正直,毎日辛くて落ち込んでいたのですが,少しだけ元気が出てきました。

 ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

経営難に備えて:紙芝居型ブログ ブログ#267

「30分ミニ社員研修教材」

 経営難になったときにどうすべきかについて
意見交換・意識共有したい人のための
研修教材です。

<経営難に備えて>

 こちらは,A社長です。A社長は,もともと料理が好きでした。そのため,長い間,飲食店を経営していました。もともと真面目で勤勉な性格のA社長のお店は,一時期はとても繁盛していましたが,残念ながら,不景気の波にのまれ,経営がどんどん苦しくなってしまいました。

そんなある日のことです。

 はー,困った困った。昔は経営がすごい順調だったから,銀行からたくさん借り入れをして,店舗を増やして,設備投資もたくさんして,スタッフさんの人数も一気に増やしたけれども,最近,一気に,景気が悪くなってきたなぁ。

だんだん,借り入れの返済とか,設備投資のリース料金とか,スタッフさんの人件費の支払いが厳しくなってきてしまった。

いったい,どうしたらいいんだろうか。困ったなぁ。

そんなある日のことです。

たまたま,A社長の会社の顧問弁護士のB弁護士がお店にやってきました。

> 

 こちらが,そのB弁護士です。

社長,お久しぶりです。お元気ですか。最近,ご連絡ないので,私の方から来てみました。

今って,お邪魔しても大丈夫ですか?

おー,先生,もちろんです。どうぞお入りください。

実は,ちょうど,先生に相談したいと思っていたことがあるんです。

今,相談しても良いですか?

はい,もちろんです。どうぞなんなりと。

はい,実は,最近,急にお店の売上が下がってきまして。

このとき,A社長は,B弁護士に会社の状況を説明しました。

なるほどー,そうだったのですね。

もし,このままの状況が続くとしたら,考えなければならないことがあります。

まだ先のことになるかもしれませんが,経営難になったときに備えて,いつも,お伝えしていることがあるんですけど,今,お伝えしてもいいですか?

はい,ぜひ,お願いします。

承知しました。今からお伝えすることは,あらかじめ知っておいたほうが良いと思うのでお伝えしますね。

まず,会社が経営難になることに備えて,知っておいていただきたい事というのは,経営難になったときに,よく,検討されることとして,私的整理・民事再生・破産という言葉があります。

正確にいえばもっと多くのパターンがあるのですが,あえて,わかりやすさを優先して,今日は,この3つ,私的整理,民事再生,破産の3つに絞って,説明しますね。

説明する順番を逆にしたほうがわかりやすいと思うので,破産から説明しますね。

破産というのは,最悪の場合,借金などの債務の返済ができなくなってしまったとき,破産の手続をすることで,最終的にその借金などの責任を免除してもらう制度ですね。会社は破産によってなくなります。ちなみに,破産については,一般の方に誤解されていることが多く,過度に不安がられることが多いのですが,実際にはあり得ないことをイメージされてしまっていることもありますので,よく確認して過度に不安になりすぎないことが大切です。

これに対して,会社がなくならない方法として,民事再生という方法があります。これも裁判所に手続をするのですが,様々な手続きをしたうえで,事業を再建するための計画を作り,それを一定以上の債権者の方に賛成してもらうなどの手続きをすることで,法的に債務を圧縮してもらうことができます。債務を圧縮して借金などの金額を少なくしてもらえるので,これで会社を再建できればまた,軌道に乗せられるという手段ですね。

この方法によれば,債権者の方にとっても,破産されてしまうよりは,回収できる資金が多くなるというメリットがありますし,会社は消滅せずに,存続できます。

そして,最後に,民事再生のような,裁判所に申し立てをして,債務を圧縮するような方法まではとらない方法として,私的整理という言葉があります。民事再生や破産は「法的」な債務の整理になるので,その対義語のようなイメージで,法的ではなく私的な整理ということで,各債権者と個別に交渉をしたり,個別に合意をとるなどして,従前の約束を変更してもらって,事業を継続していくような手段を,私的整理と言います。

 なるほど,そうなのですね。私的整理,民事再生,破産,という3つの手段があるということ,わかりました。

 そうすると,順番としては,やっぱり,私的整理から検討するということでしょうか。

 はい,そうなんです。法的整理にはいろいろなルールや手続きがあり,時間も労力もかかりますし,関係者に与える影響も大きいです。そのため,もちろん,順風満帆が一番ではあるものの,このご時世,なかなか難しい時代ですので,ベストを尽くしつつも,状況によっては,今後のいろいろな可能性を見つつ,早め早めに色々な対策を検討していくことをオススメしています。

 そのために,事前に,経営難に備えて,こういった知識をもっておいてもらいたいと思いました。事前に知識があったほうが,安心しやすくなって,よりいっそう,集中できると思うんです。

このように,苦しくなってきたときは,私的整理を検討しつつも,民事再生や破産などの局面になった場合に,どのようなことが起こるとか,どのような可能性があるということも,事前に把握したうえで,今すべき行動をとれると良いですね。

 以上を,A社長に,事前にお伝えしたかったんです。

 なるほど,そういうことだったのですね。よくわかりました。ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る