紙芝居型ブログ

就業規則の最低基準効:紙芝居型ブログ ブログ#132

 会社をめぐる法律では,
「えっ!!そんなことになっちゃうの???」
というケースがよくあります。
 
 その一例を紙芝居にしてみました。

<就業規則の最低基準効>

 こちらは,A君です。

 A君は,食品卸売業のB社の正社員として入社し,働いていました。

 A君は,もともと,第一志望の会社に入れず,B社に入社したという経緯から,あまり,仕事に対するモチベーションが高くありませんでした。

 他方,こちらは,B社長です。食品の卸売会社を経営しています。

 B社長は,A君が勤務する会社の社長です。

 B社長は,裸一貫で上京し,下積みを経て社長になりました。会社で,従業員のお祝い事をするのが好きで,従業員の誕生日はかならずお祝い会をしていました。

 また,B社長の会社では,就業規則に,家族手当,住宅手当,皆勤手当のほか,誕生日手当,配偶者誕生日手当,子供誕生日手当など,そのほかたくさんの手当を規定し,その就業規則に記載された金額を,従業員に支給していました。

 ある日のことです。

 A君が,一番のお得意先のC社からの要望に応じなかったため,トラブルになりました。

 B社長は激怒しました。

おい,Aくん,君,なんてことをしてくれたんだ。お得意先のC社さん,とっても怒ってたぞ。わが社はサービスの悪い会社だと,言っているらしい。まったく,気を付けてくれよ。

 はあ,すんません。

 また,ある日のことです。

 こちらは,A君の上司のDさんです。

A君はDさんに反抗的な態度をとり,暴言を吐きました。

 ちょっとちょっとD先輩,D先輩の指示はいつも間違ってるんですよ。なんですか,このひどい業務指示は。仕事わかってないんじゃないっすか。こんなのやってらんないっすよ。

な,なにー,いったいどういうことだ。すくなくとも,私は君の上司だぞ。上司に対して,その態度はなんだ

 A君は,このように,職場でいろいろな問題を起こしていました。そのため,職場では,多くの社員から,疎まれる存在になってしまいました。B社長のところにも,A君に対するクレームがたくさん届くようになりました。

うーん,こまったなあ。A君に対するクレームが,社内だけでなく,社外もふくめて,いろいろなところから届くようになってしまった。

しかし,わが社は,従業員を大切にするのがモットーだ。だから,クビにしたりはしたくない。なんとか,A君にもっと成長してもらう方法はないかな。なんとかしないと,社内のクレームもこれ以上,抑えきれなくなってしまう。

そうだ,思いついたぞ。うちの会社は,私の趣味もあって,いろんな手当をたくさん作ってる。

そこで,今後,A君がトラブルを起こすたびに,この手当を一つずつ減らして,カットしていこう。

そうすれば,さすがのA君も反省するだろう。わが社のいろんな,たくさんある手当は,法律上は要求されない手当を,自主的に,たくさん,用意しているのだから,なくすのも自由だろう。

それで,A君が成長してきたら,徐々に,なくした手当を元に戻してあげよう。

 こうして,B社長は,A君に対して,今後,A君がトラブルを起こすたびに,手当を減らしていくこと,カットしていくことを提案し,A君はこれを了承しました。

念のため,B社長は,A君について,今後A君がトラブルを起こすたびに,手当を減らしていくことについて,誓約書を書いてもらいました。

さらに,念には念を入れて,契約書も作りました。

 そして,1年のときが過ぎました。

なんてこったー,A君,全然反省しないよ。結局,トラブル起こしっぱなしで,わが社のたくさんある手当,A君だけ全部かっとされて,0になっちゃったよ。なんてこったー。

 その後も,A君は反省することはありませんでした。しかし,B社長は,とにかくA君を信じると言って,A君の成長を待ちました。

 そして,2年のときがすぎました。

 ある日,突然,A君は,退職届を提出し,B社を退職しました。

 そして,一か月後のことです。

 こちらは,事務職員のD子さんです。

社長、大変です。裁判所から、書類がきました。

> 

なかみは、訴状です。原告は、Aくん、被告は会社となっています。

A君は,カットされた手当について,賃金不払いをされたので,これまでの不払い分の賃金300万円を支払えと主張しているそうです。

 なにー、いったいどういうことだ。なんで、我が社が被告にされるんだ。 納得がいかないぞ。A君の態度が問題なんだし,ちゃんとA君が納得して,誓約書も契約書も作ったんだから,問題ないだろう。

 こうして、裁判所での裁判が始まりました。

 裁判は、一年かかりました。

 一年後、いよいよ判決の日になりました。

 傍聴席では、判決をまつ人が集まっています。

 静粛に,判決を言い渡します

判決主文 会社は,Aくんに対し,300万円支払いなさい。

 ええ、我が社の完全敗訴じゃないか。なぜ、我が社がまけてしまったんだー なぜだー

===========================

『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
 :士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

===========================

失敗に学ぶノート:紙芝居型ブログ ブログ#131

 大失敗をしてしまいました,
 しかし,このときが,
生涯で一番成長した時間かもしれません。
 紙芝居にしてみました。

失敗に学ぶノート

こちらはA君です。

A君は学生時代,法律の授業をうけて,法律に興味を持ちました。

そのため,将来は,法律でアドバイスなどをする「士業」の仕事をしたいと思い,国家試験に挑戦して,士業になろうと思いました。

しかし,もともと勉強が得意ではなかったA君にとっては,この挑戦はとても高い壁でした。

A君は,なんども試験を受けては不合格,という体験を繰り返していました。

そして,A君が勉強を開始してから8年目のことです。

この年も国家試験に挑んだA君,4日連続で行われる試験の最終日のことです。

 ようやく,試験も4日目,今日で最終日か。

 なんだか,今年は,調子が良い気がする。

 なんとなくだけど,できてる気がするんだよね。

 よし,今日の最終日の試験もがんばろう

 最終試験,試験開始の合図がなりました。

 A君は,試験問題のページをめくりました。

フムフム,フムフム,おおー,よし,この問題なら解けるぞ,いけるぞっ,よし

 A君は持てる力をふりしぼって問題を解きました。

 すると,なんと,試験時間が一時間もあまって,問題を解き終わりました。

 やったー,最後の最後に絶好調だ。これならいけるかもしれない。合格かもしれない。

 そして,終了の合図がなりました。

 ふー,おわったおわった。もしかしたら,これで,長い長い受験生活おわりになるかもなぁ。

 そして,しばらくしたころ,A君は,試験の回答予想検討会に参加しました。

 そして,A君は,ここで,衝撃受けることになりました!!

 ガガガガーン!やっちゃったー,やっちゃったよー!!

 ああー,なんてこったー!!

 なんと,A君は,試験問題を読み間違えていたことがわかりました。

 うわー,やっちゃったよ,しまったー,ダメだ―,

 なんだか,試験時間が一時間も余るなんておかしいなとも思ったけど,まさか,問題を読み間違えてしまっていたなんて。しまったーーー。今までの苦労が水の泡だー

 あー,どうなっちゃうんだろう。でもほかの科目は点数がよさそうだから,なんとか,そっちで挽回できないかな。あー,でも,やっぱり問題読み間違いだから,さすがにこれはもう挽回できないかな。はーどっちかなどっちかな。

 それから3か月後のことです。

 いよいよ,試験の結果発表日になりました。

 A君は,インターネットで,合格者番号の確認をしていました。

 番号あるかなあるかな,あ,あ,あーーーーーー

 ない,番号がない,あーーーーー。ないよー

 残念ながら,A君は不合格となってしまいました。

 なんと,A君は,合格まで,あと2点で,不合格になってしまいました。

 それからA君は,毎日,世界が灰色になっているように見えました。

 一緒に勉強した仲間の多くが合格し,自分だけが取り残されたような気持ちになりました。

 A君はしばらくの間,無気力になってしまいました。

 それから,長く落ち込んでいたA君ですが,もう一度,がんばってみようと思いました。

A君はすこしずつ,勉強を再開し,モチベーションを取り戻していきました。

 そして,ある日のことです。

 そうだ,ノートをつくろう。失敗やケアレスミスなどしてしまったことを,ノートにつけて,それを試験の直前にもう一度読み返そう。

 どれだけ勉強しても,ミスをしてしまったらそれまでなので,最大限,当日のミスを減らすために,ノートをつけよう。

 そうだ,失敗に学ぶノートだ。

 こうして,A君は,それから,勉強や模擬試験を受ける中で,失敗したこと,ミスしたことをノートに書きとめて,自分が失敗やミスしやすい自分の傾向をノートにまとめていきました。

 そして,また,国家試験の季節がやってきました。

A君は,今度こそはと,なみなみならぬ気合いを入れて,最後の最後まで,猛勉強を続けていました。

A君は,何度も,この失敗に学ぶノートを読み返しながら,勉強を続け,再度,4日間に及ぶ試験を受けました。

> 

 そして,いよいよ合格発表日になりました。

■■■

意見交換

A君が,一番成長したのは,いつだと思いますか?

 たとえば,合格した後ですか?, 不合格になったあとですか?

===========================

『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
 :士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

===========================