聴き方:紙芝居型ブログ ブログ#228

「30分ミニ社員研修教材」
 できているようでできてない,
「人の話を聴く」むずかしさ,
紙芝居にしてみました。 

===========================

<聴き方>

 こちらは,とある,食品製造会社に入社したA君です。

 A君は,もともと,この食品製造会社の商品の大ファンであったことから,この会社に入社することが第一希望でした。

やったー,厳しい就職活動を経て,ようやく,この会社に入社できたぞ。

よーし,おもいっきり,全力で,がんばるぞ。

 そして,ある日のことです。

> 

 会社って,大変だなぁ。覚えることがいっぱいあって,全然,仕事が進まないや。これが社会人生活ってやつかぁ。予想してはいたけど,ホント大変だな。でも,やりがいはあるよなぁ。

 ところで,この経費の精算ルールっていうのがよくわからないから,総務課に行って,誰か,先輩に,話を聞いてみよう。

 こちらは,総務課の先輩のB子さんとC子さんです。

 B子さんと,C子さんの,A君への接し方には,大きな違いがありました。

 こちらは,B子さんです。

あー,A君,お疲れ様。ねーちょっと聞いてよ。今日さぁ,満員電車で足ふまれちゃってさぁ。もうアタシって,もともとヒールが高い人でしょ,ホント嫌になっちゃうわよねぇ。でも,朝,はいった喫茶店で新製品のドリンクのお試しやってて,超お得って思って嬉しかったのよー。でも,思ったほど美味しくなかったんでビミョーって思ってさぁ。あ,でも,通勤途中でいつも見る猫がいてホント可愛くて,写真撮ろうとしたら逃げられちゃったのよねぇ。

 あ,そ,そうなんですね・・・大変ですね・・・

 このように,B子さんは,A君とよくコミュニケーションをとっており,かなり,いろいろとA君に話しかけていました。

 他方,こちらは,C子さんです。

 A君,おつかれさま。A君は今月入社したばかりだったよね。どう?順調かな?

 はい,順調でっす。

 へー,いいねぇ。A君ってフレッシュだよねぇ。今は,どこの部署にいるんだっけ。

 はい,営業3課に所属してます。

 あ,そうなんだ。じゃあ,部長が結構ランチご馳走してくれるでしょ。

 はい,そうなんですよ。いつも美味しいとこ,連れてってもらえるので,ラッキーです。

 そうだよねぇ。仕事はどう?おもしろいこととかあった?

 はい,営業周りについていかせてもらって,大口の契約取った直後の先輩のガッツポーズみて,自分も早く契約取りたいと思いました。

 おおー,いいねぇ。がんばってるねぇ。応援してるからねぇ。

 はい,ありがとうございます。

 このように,C子さんは,B子さんとは逆で,自分のことを話すよりも,人の話を聞こうとするタイプでした。

 さて,みなさん,このB子さんとC子さん,どちらに,A君は,経費精算の相談をしたと思いますか?その理由は何でしょうか?

 その後,A君は,また,悩んでいました。

 うーん,この大口の見込み客のお客さん,なんとかして,この契約,取りたいんだよなぁ。でも,ライバル会社とのコンペで勝たないといけないから,どうやって,ライバル会社に勝つかなんだよなぁ。プレゼン資料や根拠となるデータの多さで勝負するか,それとも,ほかの会社が思いつかないような,奇抜なアイデア・ユニークなアイデアで勝負すべきか,どっちで勝負すべきか,迷うなぁ。

 そうだ,やっぱり,大口契約を専門に扱ってる,営業1課に行って,先輩に相談してみよう。

 こちらは,営業1課のDさんとEさんです。

 DさんとEさんの,A君への接し方は大きく違いました。

 こちらは,Dさんです。Dさんは,すごい集中力の持ち主で,集中すると微動だにせず,動きません。かわいがっている後輩のA君が相談に来てくれたということで,全力で,相談にのってあげようと思っていました。

 D先輩,すみません,今,ターゲットにしている大口の見込み客のことで相談させていただきたいんです。状況は,これこれこうで,今こんな感じでして,かくかくしかじかで・・・

 A君は事情を説明しました。

 うん・・・,うん・・・,うん・・・。

 このように,Dさんは,微動だにせず,じっくりA君の話を聞いたのち,Dさんの今までの経験のすべてから編み出した,できる限りの最高のアドバイスを,A君に,してあげました。

 他方,こちらは,Eさんです。

 Eさんは,喋ることが大好きで,また,リアクションが大きい人でした。ただ,集中力がない面もあり,また,たまに適当なことを言ってしまう面がありました。自分の考えをわかりやすく人に伝えることが苦手で,人へのアドバイスも苦手でした。そのことは,社内に広まっていました。

 A君は,Eさんにも同じ相談をしました。

 E先輩,すみません,今,ターゲットにしている大口の見込み客のことで相談させていただきたいんです。状況は,これこれこうで,今こんな感じでして,かくかくしかじかで・・・

 A君は事情を説明しました。

 すると,Eさんは,このような反応をしました。

 ふむふむ,ふむふむ,へー,ほー,なるほど,なるほど。

へー,ええー,だ,大丈夫なの。え,ええー,それどうなったの,

あ,そういうことね。なるほどね。

おおー,すごいじゃん,いいねいいね。

やるじゃん。すごいじゃん,がんばってるねぇ。すばらしいね。

 Eさんは,A君の相談にこのような反応をしてから,A君にアドバイスをしました。

> 

さて,みなさん,A君は,D先輩とE先輩のアドバイス,どちらのアドバイスにしたがって,行動したと思いますか?その理由はなんですか?

 その後,A君は,また,悩んでいました。

 うーん,この契約書の作り方っていうのが,よくわからないんだよなぁ。

 契約書って,難しいっていうし,個別の状況ごとに併せて,細かく修正しなくちゃいけないっていうから,しっかりと相談しなきゃだな。

 よし,ちょっと,法務部へ行って,誰か,先輩に相談してみよう。

 こちらは,法務部の先輩のFさんとGさんです。

 FさんとGさんの,A君への接し方は,大きく違いました。

 こちらは,Fさんです。

 Fさんは,実は,とても記憶力が良い人でしたが,このことは社内では知られていませんでした。

 A君は,契約書作成に必要な条件をFさんに説明しました。

 F先輩,今,作ろうとしている契約書はですね,当事者が,甲,乙,丙,丁,戊の5名でして,新商品開発専属委託契約と守秘義務契約書の2種類を全当事者ごとに作ろうと思っていまして,特に,必須の条件は,わが社と共同での開発にはなるものの,開発の過程で特許権を取得できる発明が発生した場合はその特許から発生した利益は,74.52%をわが社の取り分とするという条項なんです。

 オッケー,じゃあ,あとで下書き作って送っておくよ。

 え,F先輩,メモとか取られませんでしたけど,今の,全部,頭に入ってるんですか?

 うん,こんなの,簡単じゃん,心配しなくてよいから,あとでメールで送っておくよ。

 このあと,A君が座席に戻ると,なんと,もうF先輩から,契約書の下書きが届いていました。

 他方,こちらは,Gさんです。Gさんは,記憶力があまり良くなく,また,事務処理スピードもかなり遅い人でした。そのため,逐一,メモを取るようにしていました。

 A君は,Gさんにも,Fさんと同じように,事情を説明しました。

 A君,ちょっと待ってね。メモを取って良いかな。ふむふむ,なるほど,あ,ちょっと待ってね,そこ大事だからじっくりメモ取らせて。ふむふむ,A君,ここってこういうことでいいのかな,あ,なるほど,オッケー。ありがと。じゃあ,下書き作ってメールで送るよ。

 こうして,二日後,Gさんは,A君から相談された契約書の下書きをA君にメールで送りました。

 さて,みなさん,A君は,FさんとGさん,どちらが作った,契約書の下書きを,採用したと思いますか?

 その理由は何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルガマ登録はこちら


無料動画講座&メルマガ(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4


コメントを残す

*