債権譲渡の改正:紙芝居型ブログ ブログ#108

 民法,債権法の大改正で,
債権譲渡に関する法律も,
改正があります。

 紙芝居でお伝えします。

<債権譲渡の改正>

 ときは,2020年4月1日です。

 こちらは,A社長です。A社長は,建設会社の社長です。A社長は,若いころ,裸一貫で上京して,建設業の世界に飛び込み,今では,職人を30人抱える社長です。

 A社長の会社では,主に,ゼネコンから,ビルの建設の仕事を請け負っていました。

 しかし,最近,なかなか事業がうまくいってません。

 はー,最近,人手不足が,すごいなぁ。募集をかけても,人に頼んでも,全然,人が集まらないよ。おかげで,昔だったらたくさんの現場を回して売上を上げられたのに,今じゃ,人がいなくて,とてもじゃないけど,現場を多く持てないから,どんどん売上が下がってきたなぁ。

 はー,困った困った。

 プルルルル

 お,事務のB子さんから電話だ。もしもし,B子さん,どうかしたの?

 社長,大変です。

 ええっ,どうしたの,いきなり。

 わが社の,お得意先のC社さんが,倒産してしまったみたいです。

 ええー,大変だ,C社さんはわが社の重要なお得意先さんだぞ。毎年の売り上げの3割は占めてるお得意先だし,今月末の1000万円の入金をあてにして,給料とか,設備投資の予定組んでしまってるんだ。

 はー,困った,困った,どうしよう。

 そうだ,銀行に行って借りられないかなぁ。あー,でも,ダメだろうなぁ。前回融資してもらったとき,もうこれ以上は,絶対融資できないって言われて,実際,先週,行ったら,きっぱり断られちゃったもんなぁ。

なにか担保があれば融資しますって言われたけど,もう保証人になってくれる人もいないし,自宅はすでに担保に入ってるし,担保になりそうなものはもうないよなぁ。

 こまったこまった,とりあえず,税理士の先生に,相談してみよう。

 こんにちは。社長,今日は,どうされました?

 先生,実は,お得意先のC社さんが倒産してまして,今月末の売掛金1000万円,入金されなくなってしまったんですよ。

 そ,それは一大事ですね。

 そうなんです。もう銀行もこれ以上はさすがに融資してくれないと思いますし,困ってまして。銀行さんに提供できる担保もない状況でして。

 なるほど,これは困りましたね・・・。

あ,そうだ。ちょうど今日から,民法という法律が改正されまして,その中でも,債権譲渡に関する部分が新しくなったんです。

 御社では,ゼネコンさんから継続的に受注がありますよね?

 はい,継続的に受注はあります。でも,ご存知かと思いますが,受注してから支払いになるまでの期間は長いし,工事の完成出来高に連動して,入金は少額ずつ,分割で入ってくるような状況です。

 それでしたら,これから,「将来的に」発生する売掛金・債権を担保にできるかもしれませんよ。もちろん,銀行の判断次第ではありますが,そういった将来の債権を担保にして,さらに融資が受けられるかもしれません。

 ええっ,そうなんですか。だってまだ発生していない売掛金なんですけど,それを担保になんてできるんですか?

 そのように疑問を持たれることは,当然だと思います。実は,民法の改正前でも,将来債権の譲渡や担保提供というのは行われていたのですが,法的な保護が薄いということもあって,活用されづらかったり,担保としての評価が低かったりしたんです。

そこで,改正法では,まず,将来の債権でも,譲渡できることが明記されたんですよ。

 あー,そうなんですね。

でも,よく聞く話なんですが,ゼネコンさんとの契約で,契約書には,譲渡禁止っていう特約がついてるんで,やっぱり,譲渡したり,担保に提供することはできないんじゃないでしょうか。

 たしかに,契約書上は,譲渡禁止となっていることが多いですね。でも,改正民法では,その点の懸念にも対応するために,譲渡禁止特約がついている債権の譲渡も,有効であることを明記したんですよ。

 おお,じゃあ,将来のものでも,譲渡したり,担保に提供することもできますね。

 はい,そうなんです。もちろん,改正法は,譲渡禁止特約のついている債権の債務者,今回でいえば,ゼネコンさんですね,その債務者の保護も,ちゃんと考えているんです。

 どういうことかというと,もし,その債権を譲り受けたり,担保としての提供を受けた譲受人が,今回でいえば,銀行さんですよね。その譲受人が,譲渡禁止であることを知っていたか,重大な過失で知らなかった(契約書を確認しなかったとかですね),これを悪意・重過失というんですが,

譲受人が,悪意重過失の場合は,債務者は,譲受人に対しては,債務の履行を拒んだりできる,お金の支払いを拒否できるようになっているんです。

 (ここは,難しいので,あとで説明しますね。)

 とにかく,重要なことは,以前に比べて,将来の債権の譲渡や,担保の提供がしやすくなったということなんです。

 じゃあ,もしかしたら,我が社の今後の売掛金を担保にして,融資が受けられるかもしれませんね。

 はい,とりあえず,チャレンジしてみましょうよ。とにかく,今,この瞬間,ここで,ベストを尽くしましょう。

まずは,今後,どこの会社から,どんなスケジュールで,売掛金が発生するか,一覧表を作りましょう。

 それをもって,金融機関を回って,融資を依頼してみましょう。

 わかりました。今すぐ1時間で仕上げて,早速,回ってきますね。

 こうして,A社長は,ツテのある金融機関を全て回って,融資を依頼しました。

 一週間後のことです

 はー,金融機関,いっぱい回ったけど,どこか一社でも,融資してくれないかな。ここが,わが社の正念場だな。

プルルル,お,電話だ。はい,もしもし,

 ええ,融資OKですか,ありがとうございます。やったー

===========================

『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
 :士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

===========================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルガマ登録はこちら


特典付き無料メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」(登録特典付き)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)


コメントを残す

*