大企業VS中小企業:紙芝居型ブログ ブログ#230

「30分ミニ社員研修教材」
 大企業と中小企業はどちらが強いのでしょうか?
 紙芝居にしてみました。

===========================

<大企業VS中小企業>

 みなさんは,大企業と中小企業,どちらが強いと思いますか?

 これについては,いろいろな指標・評価・モノサシがあると思います。

 ところで,ここで,一つの判断手法として,「経営資源の4要素」という言葉を紹介したいと思います。

 経営資源の4要素という言葉,聞いたことがありますでしょうか。

 経営資源というのは,経営のために使えるもの,使える財産,リソースというような意味合いです。

 この場合の4要素とは,①人,②モノ,③お金,④情報・ノウハウ,と言われています。

 この4つの指標で,大企業と中小企業を比べると,いかがでしょうか。

 ①の人,については,人数という意味では,中小企業は大企業に勝てません。

 また,②のモノ,についても,設備や固定資産などの意味で言えば,大企業が中小企業に勝ることが多いと思われます。

 さらに,③のお金,についても,保有している資金の量という意味では,中小企業は大企業に勝てません。

 しかし,中小企業も負けていません!!

④の情報・ノウハウについては,個別の業界や,ニッチなマーケットでは,中小企業が大企業に勝つということが,たくさんあります。

 ほかにも,スピード,フットワーク,という武器が,中小企業にはあります。

 大企業では,その規模の大きさから,フットワークが重くなりがちであり,新しいことをやろうと思っても,全社的な合意形成に時間がかかったり,新しいアイデアを実施するまでに,たくさんの調査をして会社に損害が発生しないことがわかってからようやく開始する,ということがよくあります。

 中小企業であれば,規模が大きくないことから,多少のリスクをとって,とにかく開始する,とにかくやってみて,そのなかで,適宜,修正・改善していく,その結果,大企業が参入する前に,先行者利益を得る,ということがあります。

 また,中小企業であれば,ニッチな分野,市場規模が大きくない分野で利益を上げることができますが,大企業では採算が合わないため,大企業が参入できないということもあります。

 また,大企業は,全社的に統一的な行動をとらなければならないことから,マニュアルに従った対応をせざるを得ないことが多いですが,中小企業であれば,マニュアルにない,臨機応変な対応を取れることがあります。

 また,中小企業は,規模が小さいからこそ,お互いに助け合える,チームワークを良くすることができる,という面もあります。

また,中小企業は,仕事の全体にかかわれて,仕事にやりがいを感じられる,という面もあります。大企業の場合,大きなプロジェクトのほんの一端にしか,かかわれないということがあります。

 また,中小企業は,規模が小さいからこそ,挑戦ができる,トライアンドエラーを繰り返せる,という面があります。大企業は規模が大きいため,挑戦して失敗すると大損害になってしまい,挑戦がしづらいという面があります。

 さて,みなさん,中小企業が,大企業に勝っていると思うこと,ほかに,どんなことがあると思いますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルガマ登録はこちら


無料動画講座&メルマガ(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4


コメントを残す

*