無料動画講座&メルマガ(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4


多能職:紙芝居型ブログ ブログ#256

「30分ミニ社員研修教材」

 一人が複数の仕事を担当できるようになることについて
意見交換したい人のための
研修教材です。

<多能職>

 こちらは,とある,ホームページ制作会社に勤務する中堅社員のA子さんです。

 A子さんは,もともと頭脳明晰で,パソコン作業が大好きで,A子さんは見た目がとてもきれいなプレゼン資料を作ることがとても得意でした。

このA子さんが勤務するホームページ制作会社には,主に,法人などの比較的規模の大きい団体のホームページ制作を請け負う法人部門と,個人事業主のホームページ制作を請け負う個人部門がありました。

A子さんは,入社当初から法人部門に配属され,A子さんが作るプレゼン資料が法人に気に入られることが多く,なんと,入社10年を経て,A子さんは法人部門のトップである部長に就任することになりました。

やったー,やったわ。わたし,とうとう法人部門の部長になれたわ。

この10年間,プレゼン資料だけは大得意だったから,誰にも負けたくなくて,死に物狂いでプレゼン資料作りに取り組んできたおかげで,気が付いたら成績も会社で一番になってて,とうとう部長になれたわ。

さあ,わたしが部長になったらからには,ビシバシ指導して,まだまだどんどん業績あげちゃうわよ。

このようにA子さんは,法人部門の部長に就任して,ますます,仕事のモチベ―ションが上がっていました。

それから3年後のことです。A子さんが部長に就任してから,会社の売上はますます右肩上がりになっていました。

しかし,その反面,A子さんの態度が大きいことから,社内の人間関係がどんどん悪くなっていってしまいました。

ある日のことです。

 こちらは,A子さんの部下のBさんです。

 部長,すみません,ご相談がありまして,来週のプレゼン,2パターン作ったのですが,どちらがよいか見てもらえませんでしょうか。

 はあ,何言ってんの,そんなの自分で判断できなくてこの先どうするの?私は,いま,うちの会社で最高額案件に集中してるからそんな小さい案件見てられないわよ。

 え,あ,す,すみません,はい,自分で判断できます,大丈夫です。

 また,ある日のことです。

 こちらは,A子さんの部下のCさんです。

 部長,すみません,個人事業主部門の部長から,今後の会社の方針について相談がしたいという連絡が入りました。どうしましょうか?

 A子さんは内心,こう思いました

 個人事業主部門が今後の会社の方針?何言ってんだか。うちの法人部門が会社の稼ぎ頭なんだから,私の方針が会社の方針みたいなもんじゃない。まったく

 C君,いま忙しいからまた連絡するって言っておいて。

 え,いいんですか,あ,はい,わかりました,

 こちらは,D社長です。D社長は,若いころから絵を描くことが好きで,このホームページデザイン会社を立ち上げました。若いころ,たくさん苦労したことから,若者を応援するのが大好きでした

 うーん,A子さん,実力は間違いなくわが社で一番だし,業界でも彼女に勝てる人はなかなかいないだろうけど,最近,だいぶ孤立しちゃってるなぁ。かわいそうだなぁ。なんとかして,彼女を人間的にも成長させてあげたいなぁ。いずれはわが社の役員にもなってもらいたいしなぁ。

 かといって,こういうことは,言葉で伝えても伝わるものでもないしなぁ。

 そうだ,よし,思いついた。彼女には,個人事業主部門のトップ,部長になってもらおう。

 こうして,D社長は,A子さんに対して,個人事業主部門の部長になるよう辞令を出しました。

 辞令を見たA子さんは猛烈に怒ってD社長の社長室にやってきました。

 社長,これいったいどういうことですか!なんで法人部門で一番結果を出してて,社内で一番売上上げてる私が,個人事業主部門の部長なんてやらないといけないんですか!わたしのどこがいけなかったんですか?

 いやいや,A子さん,君は全く悪くないよ。むしろそれどころか君のことをとても高く評価しているんだ。実際,キミがわが社で一番の成績を上げている。君がわが社を一人で支えていると言っても過言ではないくらいだよ。そこでね,いよいよ,君には,わが社の役員になってもらおうと思っているんだ。そのためには,わが社の業務を一通りすべて把握してもらいたいと思ってね。

 えっ!そういうことだったんですね,わかりました,がんばります。

 こうして,A子さんは個人事業主部門の部長になりました。

 ところが予想外の事態が起きました。

 なんと,A子さんの法人向けのプレゼンが,個人事業主ではまったくうけなかったのです。結果,A子さんはみるみる成績が下がっていってしまいました。

 ええー!個人事業主部門ってこんなに大変だったの?法人に比べて受注額も少ないからたいしたことないって思ってたのに,こんなに私の力が通用しないなんて。

 こうして,A子さんは大きな壁にぶつかりました。しかし,それでも,不屈の闘志であきらめないA子さんは,仕事にチャレンジし続けました。また,法人部門で培ったノウハウを,個人事業主部門でも応用できないか,試行錯誤を続けていました。

そうしたところ,少しずつポイントがわかるようになりました。そして,なんと,3年後には,部長就任前の業績額を超えるほどになりました。

 ある日,A子さんはこう思っていました。

 はあー,あれからもう3年もたったのかぁ。個人事業主部門に来たときは,法人向けと全然やり方が違うからどうなっちゃうのかと思ったけど,頑張り続けたら,やり方やポイントのちがいがよくわかったわ。仕事って奥が深いってこと,学んだわ。

 ある日,社長がA子さんのところにやってきました。

 おー,A子さん,今日もがんばってくれてますね。いつもありがとう。ところで,今日はA子さんに話が合ってきました。実は,今度は,A子さんには経理部門に移ってもらいたいと思っています。お願いできますかな?

 はい,わかりました。がんばります。

 あ,あれ,A子さん,いいんですか?経理部門ですよ。ほんとにいいんですか?

 はい,もちろんです,がんばります。

 あれれ,なにか心境の変化でもあったのですか?

 はい,じつは,社長,お恥ずかしいのですが,私,法人部門で業績トップになって,天狗になってしまってまして,でも,個人事業主部門に移ってわかったんです。会社の仕事ってやっぱり役割分担が大切で,どの仕事も大切だから分担してるんですよね。それで,いろいろな複数の仕事ができるようになると,いざってときに助け合える,フォローし合えるって思いました。もちろん,個人のスキルアップにもなりました。

それと,もう一つ,複数の仕事を経験すると,片方の仕事のコツとかポイントを,ほかの仕事でも活かせる,応用できると思いまして。思いつくこととか,発想の幅,アイデアが広がると思いました。

だから,すごい成長できたと思うし,今まで見えてなかったものが見えるようになる気がするんです。

なので,経理部門にいったらまた苦労するとは思うんですけど,また成長できて,いろいろ見えるものが変わると思ったんです。

 おお,そうだったんですね。それは素晴らしいです。頑張り屋で絶対あきらめないA子さんなら,なんだってできると信じていますよ。

 はい,ありがとうございます,がんばります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これってパワハラ?:紙芝居型ブログ ブログ#255

「30分ミニ社員研修教材」

 パワハラを予防するために
みんなで意見交換したい人のための
研修教材です

<これってパワハラ?>

ナレーション

 こちらは,とあるファミレスに勤務するAさんです。Aさんは,とてもマジメな頑張り屋さんであったため,若くして,ファミレスの店長に就任することができました。

A店長

 やったー,僕も,やっと,お店の店長になれたぞ。うっれしいなぁ,ますます,仕事がんばって,お店の業績あげるぞー,がんばるぞっ

よーし,僕が店長になったからには,どんなお店にしようかな。

A店長

 そうだ,やっぱり,学生時代の部活のように,なんでも腹を割って話し合えて,どんなことでも情報共有しながらガッチリスクラム組んで,みんなで体当たりしまくる,そんなお店にしたいな。とすると,大事なのは毎日コミュニケーションたくさんとることが大事だな。よし,がんばるぞ

ナレーション

 こちらは,アルバイトのB君です。

 ちょうどB君が出勤してきたところでした。

B君

 あ,A店長,おはようございます。本日も宜しくお願いします。

A店長

 おー,B君,おはよう。今日もよろしくねー。

ナレーション

 このとき,A店長は,B君がいつもより少しだけ,元気がないように感じました。

A店長

あれれ,なんだか,B君,いつもはもっとハキハキしてて,大きな声で,「ありがとうございましたー」っていうのに,なんだか,ちょっとだけ,いつもと違う感じがするなぁ。

ナレーション

このように思ったA店長は,B君に声をかけてみました。

A店長

 B君,今日もおつかれさま。今日もがんばってくれて,ありがとね。

B君

 あ,A店長,おつかれさまです。今日もありがとうございました。

A店長

 B君,調子はどう。B君もだいぶ仕事慣れてきたよね。B君の明るさは,お客さんにも,受けがとてもいいよ。ありがとね。

B君

 あ,はい,そういってもらえると嬉しいです。ありがとうございます。

A店長

 あれ,B君,なんかさあ,ちょっとだけいつもより疲れてるような感じがするんだけど,大丈夫?なにかあったのかな,なにかあったなら,話してみてくれない?

B君

 え,あ,わかりますか,店長ってすごいですね。実は,ちょっと,おばあちゃんの具合が悪くて,ちょっと心配でして。自分,おばあちゃん子だったんですよ。

A店長

 あ,そうだったの,それは心配だね。B君さ,今週ずっとシフト入ってるけどさ,無理しないでね。なにかあったら,連絡してもらえれば代わりに入るからね。

B君

 あ,ありがとうございます。気づいてもらえて,気を使ってもらえて,ぼく,すごい嬉しかったです。

ナレーション

 このときAさんはこう思っていました。

A店長

やっぱり,コミュニケーションたくさんとるって,大事だなぁ。B君,そういう事情があったのかぁ。B君の変化に気づいてあげられて,よかったよかった。

ナレーション

 また,ある日のことです。

 こちらは,アルバイトのC君です。

 ちょうどC君が出勤してきたところでした。

C君

 あ,A店長,おつかれさまです。

A店長

 おー,C君,おはよう,今日もよろしくねー。

 ところでさぁ,C君,C君いつも土曜日にシフト入ってたけどさ,今月全然はいってないじゃん。どうかしたの?

C君

 え,あ,いや,特に理由はないです。ホントにないです。

> 

A店長

 えー,なに,なんか変じゃん,どうしたのC君,なんかいつもと違うじゃん。何か理由があるなら教えてよ。なにか力になれることがあったら力になりたいからさ。

C君

え,いや,A店長,本当に,特に理由はないんですよ。

ナレーション

 この時,C君は内心,こう思っていました。

C君 

 本当は,人生で,はじめて,女の子とデートになるかもしれないんだけど,そんなこと,恥ずかしくて人に言えないよ。もしかしたら,なにか大失敗とかしちゃったりしたら,恥ずかしいし。絶対言えないよ。

ナレーション

 C君は,内心,このように思っていたにも関わらず,Aさんは,その後も,たびたび,C君が土曜日のシフトに入らない理由を聞き出そうとし,このような会話を繰り返していました。しかし,C君は答えませんでした。

ナレーション

 また,ある日のことです。

A店長

 お,C君,そのスマホ,最新型のやつじゃん,うわー,いいなぁ。ちょっと見せてよ。あ,なんか今,ちらっと女性の写真が見えた,もしかして,彼女?彼女でしょ,ちょっと見せてよ見せてよ。C君彼女いるの?

C君

 え,い,いや,いませんよ,ちがいますよ。

A店長

 なんだよ,C君,ノリ悪いなぁ。おれたち仲間じゃん,がっちりスクラム組んで仕事したいんだからコミュニケーションとろうよー。

C君

 え,あ,は,はあ・・・。

> 

ナレーション

 また,ある日のことです。

 こちらは,アルバイトのDさんです。

 Dさんは,性格はマジメであったものの,少し,おっちょこちょいな性格で,たびたび,注文を受けるときに,注文を一品聞き取りミスしてしまうことを繰り返していました。

 そのため,お客様を長時間待たせて怒らせてしまい,Aさんが平謝りをするということが連続していました。

 しかし,D君は,料理の制作や提供やお会計をミスすることはありませんでした。

 そして,このD君,本日もまた,注文の聞き取りミスをして,お客様を激怒させてしまいました。

お客

 おおい,いったいどうなってんだ。デザート注文したの,一時間前だぞ。お店が忙しいんだろうからと思って,催促しなかったけど,もう我慢ならん。いったいこの店はどうなってるんだ!!

A店長

 お客様,大変申し訳ございません。どうか,どうかお許しください。

 うちのアルバイトの者が,お客様を長時間お待たせしてしまいまして,大変申し訳ございません。本日のお代は結構ですので,どうかお許しください。

ナレーション

 このように,D君は,何度も何度も,同じミスを繰り返していました。

しかし,それでも,A店長は,とにかく,みんな仲良く,がっちりスクラムを組んでがんばっていくお店を作りたいと思っていたので,D君が,何度も同じミスをしても,D君を責めることはしませんでした。D君の成長を願って,D君の成長を信じていました。

 D君,オッケーオッケー,誰にだってミスはあるよ。仕方ないよ。ミスしても,次がんばればオッケーさ。どんどんチャレンジしていこうぜ。

 そして,また,ある日のことです。D君は,また同じミスをして,お客様を激怒させてしまいました。

 そして,とうとう,A店長は,何度も同じミスを繰り返すD君に,堪忍袋の緒が切れてしまいました。

A店長

 D君,君さ,いったい,何回,同じミスするのさ。君の成長を信じてさ,ひたすらフォローしてきたけどさ,さすがの私も,もうあきれちゃうよ。もう今日は,裏で皿洗いだけやってて。

ナレーション

それからしばらくたってからのことです。

その後,A店長のお店では,全席,タブレットで注文するようにシステムが変更されました。そのため,お店のスタッフが注文を取りに行くことはなくなり,メニューの料理の制作と提供とお会計が主な仕事になりました。

ナレーション

 ある日,また,D君が出勤してきました。

D君

 あ,A店長,おつかれさまです。

A店長

 あー,D君,おつかれさま。

 D君は,今日は,皿洗いを頼むよ。

ナレーション 

 このように,その後も,A店長は,D君に,皿洗いだけをさせていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る