紙芝居型ブログ

セクハラ問題:紙芝居型ブログ ブログ#93

 昨今,ますますセクハラ問題の対策が
望まれます。

 男女雇用機会均等法について,
紙芝居で解説しました。

<セクハラ問題>

 こちらは,A社長です。

 A社長は,もともと,若いときから建設会社で働いたのち,独立して建設会社を設立し,今では,従業員を30名抱える社長です。

 あー,困ったなぁ。まさか,わが社でセクハラ問題が発生してしまうとは。

 最近,特にセクハラは世間が厳しい目でみるなか,まさか,みんな仲良くやってるわが社でセクハラ問題が起きてしまうとは,こまったなぁ。

 とりあえず,弁護士の先生に相談してみよう

 こちらは,B弁護士です。

こんにちは。今日はどういったご相談ですか。

 はい,実は,社内でセクハラ問題が発生してしまいまして。

 すみません,わたし,あまり法律に詳しくないので,基本的なことから教えていただけますでしょうか。

 はい,もちろんですよ。遠慮なく,お聞きになってくださいね。

 まず,男女雇用機会均等法という法律があって,その11条という条文があります。

 この条文はどんなことを言っているかというと,簡単にいうと,職場におけるセクシャルハラスメントが起きないように,会社さんのほうで,労働者の方からの相談に応じたり,必要な体制の整備などをしてくださいね,ということが書いてあります。

 なるほど,男女雇用機会均等法という法律に,そういう規定があるのですね。

 これは違反するとどうなってしまうのですが。

 はい,行政指導の対象になってしまったり,企業名を公表されてしまうことがありますね。

 そうなのですね。職場というのは,会社内という意味ですか?

 詳しくは,厚生労働省のHPをご覧いただければと思いますが,会社外でも,労働者が業務を遂行する場所であれば,この職場に含まれます。たとえば,取引先とか,懇親会の会場とかもですね。

 なるほど,労働者というのは,正社員という意味でしょうか。

 いえ,正社員さんのみならず,パートタイム労働者の方や契約社員の方や派遣の方も含め,全労働者の方です。

 なるほど,性的な言動とは,どのようなことでしょうか。

 性的な内容の発言及び性的な行動と言われています。

 性的な内容の発言の例としては,性的な事実関係を尋ねたり,噂を流したり,冗談やからかうこと,食事やデートへの執拗なお誘いなども該当する可能性があります。

 性的な行動の例としては,必要がないのに身体に接触したり,わいせつな写真を掲示したり,性的な関係の強要など,いろいろな例があります。

 労働者の意に反する,ということでしたので,その労働者の方がセクハラだと感じたら,なんでもセクハラになるということでしょうか。もしそうだとすると,たとえば,相手をジロジロ見るのではなく,ちょっと目を合わせるとかも,セクハラと言われてしまうと対策のしようがなかったり,きりがないと思いまして。

 なるほど,その点について,厚生労働省のHPには,判断基準として,個別の状況にもよるものの,労働者の主観を重視しつつも,事業主の防止の措置義務の対象となることも考えると,一定の客観性が必要とありますね。つまり,平均的な人の感じ方を基準とすることが適当と言われています。

 なるほど,そうなのですね。今後,具体的に,どうすればいいのでしょうか。

 はい,その点については,厚生労働大臣の指針という10個の項目が指定されていますので,これをしっかり対策していくことをオススメします。

 たとえば,①セクハラ対策方針の明確化及びその周知・啓発,②必要な体制の整備,➂事後の迅速かつ適切な対応,④これらに併せて講ずべき措置などですね。

 くわしくは,厚生労働省のHPをご確認ください。

 なるほど,よくわかりました,ありがとうございます。

===========================

『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
:士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

===========================

メンタル問題:紙芝居型ブログ ブログ#92

 最近,職場のメンタル問題が増えており,
最悪のケースでは,
裁判沙汰になってしまうこともあります。

 そこで,よくあるケースの流れを,
紙芝居型でお伝えします。

<メンタル問題>

 こちらは,A君です。

 A君は,建築専門学校で学んだ後,建築会社に入社しました。

仕事をつづけながら,念願の建築士の資格を取得することができました。

 やったー,ようやく念願の建築士になれたぞ。

 A君は,建築士になれたことに気を良くして,少しずつ,横柄になっていきました。

 ちょっとちょっと,C先輩,なんですかこの仕事は。建築士だったら,こんな仕事はしないんですよ。

 え,あ,そうなの。すまないね。

 (くっそー,A君のやつ,自分が建築士になれたからって,最近態度がでかくなったよな。まったく)

 A君は,このような態度であったため,だんだん,職場で孤立していきました。

 仕事もうまくいかなくなり,ミスが増えました。

 A君ちょっといいかな。

 あ,C先輩なんでしょうか?

 あのねぇ,A君,お客さんからまたクレームの連絡入ってるよ。

 これが建築士の仕事なのかねぇ

 す,すいません。

 (くっそー,また嫌味言われた)

 こちらは,D社長です。

 D社長は,建築が好きで,若いころ,裸一貫で上京し,修業期間を経て,今では,建築会社の社長になりました。

 D社長は,温厚な性格で,特に,若手職員を可愛がっていました。

 うーん,なんとなく,最近,社内の雰囲気が悪くなってる気がするなぁ。

 A君が建築士に受かった時期からなんだよなぁ。A君,心配だなぁ。

 とはいえ,A君,以前にもましてすごいがんばって,残業してるんだよなぁ。A君のやる気をそぐわけにはいかないから,とりあえず,もう少し見まもってあげよう。

 他方,A君は,ミスばかり続く現状に困り果てていました。

はー,困った困った。こんなはずじゃなかったのに。おっかしいなぁ。

 その後,焦りを感じたA君は,ますます仕事の時間を増やすようになりました。

 ますます,許容量以上の仕事をして,挽回しようとやっきになっていました。

 D社長としても,社内で一番がんばっているA君を,止めるべきではないと考え,A君の長時間残業を黙認していました。

 しかし,その後,A君は,がんばればがんばるほど,空回りをしてしまい,ミスが増え,それをカバーするためにまた労働時間が増えるという負のスパイラルに陥ってしまいました。

 そして,半年後のことです。

 なんと,とうとう,A君は,体調を壊し,精神障害になってしまいました。

出社できなくなり,休職になってしまいました。

 がんばって多くのクライアントを抱えていたA君が突然出社できなくなってしまい,会社は大混乱になりました。

 うーん,A君の体調はもちろん心配だけれども,自分で,たくさん,クライアントを抱えたいと言っておきながら,突然,会社に来なくなってしまって,ほかの社員はみんな怒ってるし,私としても,正直,やっかいなことをしてくれたなぁという気持ちだ。

 まあしょうがない。会社経営にはこんなこともあるか。

 A君のことは,大目に見よう。

とりあえず,会社としては,A君が回復するのをじっくり待ってあげよう。

 それから1年経ちました。しかし,A君は復帰できませんでした。

 ある日のことです。

あー,青空の下のゴルフはきもちがいいなぁ

 プルルル,お,電話だ。はいもしもし

 社長,大変です。A君から,内容証明郵便が届きました。

 ええっ!!いったいどんな内容かな?

 はい,A君が精神障害になってしまったのは,会社の長時間残業が原因だとのことで,A君が休んでいる間のお給料を全額支払えという内容です。

 また,会社のタイムカードの内容を開示しろ,という要求もついています。

 なにー,A君の勝手な行動で,会社にあれだけ迷惑かけて,会社にこなくなったというのに,それは会社の責任だというのか。

 まったくけしからん。なんという言い草だ。

 こんな不当な要求は無視だ。

 それから1か月後のことです。

 突然,会社の管轄の労働基準監督署から,電話がありました。

 D社長,この度,Aさんから,労災の申請がなされています。

 つきましては,御社を調査させていただきますので,ご協力ください。

 は,はい,わかりました。必要な協力はしっかり致します。

 でも,それにしても,いったいなんなんですか。労災って,別に会社で,なにか事故が起きたわけじゃないんですよ。

A君が勝手に,自分で自分を追い込んで,病気になってしまったんですよ。

どうぞ,自由に調査してもらってもいいですけど,わが社は全く責任はないですからね。ガチャ。

 それから半年後のことです

 あー,青空の下のゴルフはきもちがいいなぁ

 プルルル,お,電話だ。なんだか嫌な予感がするなぁ。はいもしもし

 社長,大変です。裁判所から手紙が届いています。

 ええー,今度はいったいなんなんだ。

 A君が,わが社に裁判を起こしたようです。

 理由は,A君が長時間残業をさせられて,病気になってしまったこと,これは会社の安全配慮義務に違反したと主張しているようです。

 なにー,なにを言っとるんだ。会社に責任があるはずがない。

A君が勝手に自分で自分を追い込んだだけの話なんだから,わが社が負けるはずがない。

 とりあえず,弁護士に相談だ。

 こんにちはー。社長,今日はどうされましたか。

 いやー,先生,ちょっと聞いてくださいよ。

 D社長は,事情を説明しました。

 なるほど,とりあえず,その裁判所からの書類,中身を見ましたか。

 まだ見てないんですよ。

 じゃあ,今見てみましょう。

 社長,この書類を見てください。

 これによると,なんと,A君には,今回の精神障害について,労災が認定されていますね。

 これは,労働基準監督署という行政機関が,A君が精神障害を患ったことについて,会社の業務が原因だと認定した,ということです。

そうすると,今度は,裁判所でも,同様の認定がなされる可能性がありますね。

 ええっ。そんな,納得いかないですよ。

 次に,この書類,これは,御社のタイムカードですね?

 はい。ええっ!!どうして,A君がタイムカードを持ってるんですか。

これはですね,労働基準監督署が,御社を調査した際の書類を,A君かその弁護士が取り寄せたのではないかと思いますね。

 これをみると,A君は休職前の3か月間,毎月100時間残業していたことがわかります。

 そうすると,ますます,会社の業務が原因で,A君が精神障害を被ったと認定される可能性はありますね。

 ええっ,そんなっ。私は,A君に,残業しろなんて,一言も言ってないんですよ。彼がミスを重ねて,彼がそれを挽回したがって,がんばっていたので,やむを得ず,黙認していただけで,むしろ,それで迷惑をこうむったのはこっちなんです。いきなり会社に来なくなっちゃって。

 なるほど,社長,お気持ちはわかります。しかしですね,他方で,法律上,会社は,従業員の安全に配慮する義務があるんです。

なので,従業員さんの気持ちやモチベーションも大切かもしれませんが,その健康にも配慮して,過剰な状況であれば,それを黙認してはいけないんです。黙認してしまうと,今回のように,責任問題になる可能性が高いんです。

 ちなみに,ということは,この裁判,わが社が,負けるっていうことですかね?

 残念ながら,その可能性はありますね。

 そ,そ,そんなー

===========================

『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
:士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

===========================