紙芝居型ブログ

残業代問題(通常版):紙芝居型ブログ ブログ#68

 今回は,残業代問題について,
紙芝居で,

お伝えします。

A君は、新卒で、ソフトウェア制作会社に入社しました。
毎日を一生懸命がんばっていました。



A君
 あー、毎日、忙しいなあ。
 これが社会人生活ってやつか。
 でも、仕事って、すごいやりがいがあるなぁ。
 お客さんのところをまわって、
 お客さんの希望するソフトウェアの打合せをして、
 一生懸命プログラムを作って、



 お客さんが喜んでくれたときって、
 本当にやりがいがあるなあ。



B社長
 おい、A君、君は本当によくがんばっているね。
 君のクライアントは、みな君を高く評価しているよ。
 私も鼻が高いよ。



A君
 社長、ありがとうございます。
 そういっていただけて、僕、とてもうれしいです。
 もっと、がんばります。



B社長
 うんうん、君はがんばっているから、特別に、基本給をアップさせておくことにしたからね。



 残業代代わりと言ってはなんだけど、基本給をアップさせるからね。
 我が社で一番がんばってるきみには、我が社で一番高い給料を払うからね。

 でもね、A君、しっかりと休息をとることも大事なことだよ。
 根を詰めすぎはよくないし、短期的にではなく、
 長期的に安定したパフォーマンスを発揮することも大切だからね。
 だから、ちゃんと、定時の終業時刻には、帰るようにするんだよ。
 私は,言ったからね。

A君
 はい、わかりました。



A君はとても素直な頑張り屋で、B社長はA君をかわいがっていました。
A君も、自分をしっかりと評価してくれて、細かいところまでよく見てくれている社長のことが大好きでした。
そのため、A君は、ますます、仕事をがんばり、終業時刻である午後5時になっても帰ることはなく、毎日、午後11時くらいまで残っていました。
それを見た社長は、さらに、A君の基本給をアップさせました。



ある日、午後11時ころ、たまたま、忘れ物をしたB社長が、会社に戻ったところ、A君が、一人、社内で働いていました。


B社長
 おい、A君、君はこんな時間まで仕事をしているのか。
 大変だろう。もう今日は帰りなさい。
 残業はよくないから、とにかく定時には帰るようにするんだよ。



A君
 あ、社長、はい、今日は、もう帰ろうと思っていたところですが、
ただ、おかげさまで、私がたくさんのクライアントを担当したいと希望して、
実際に担当させてもらえた分、納期が厳しくて、とても間に合わないもので。



B社長は、内心、こう思っていました。

B社長
 うーん、たしかに、A君の担当業務量からしたら、
毎日遅くまで残業せざるを得ないだろうなぁ。
 でも、A君がやりたいからやらせてあげたんだしなあ。
 それに、会社が残業しなさいと命令したわけではなくて、
 本人がやりたいと言っているからなら、まあいいか。
 あと、A君だけ、どんどん基本給を上げて、高く評価しているから、
 きっとA君から不満が出ることはないだろうしなあ。



 よし、A君、そうか。まあ今日は仕方ないかもしれないけれど、
とにかく、毎日、残業せず定時に帰るんだよ。



A君
 はい、わかりました。いつも、お心遣いいただきまして、
 本当にありがとうございます。

その後も、A君の業務量はかわらなかったため、連日、A君は、残業していました。


B社長
 うーん、A君のタイムカードをみると、やっぱり毎日遅くまで、残業しているなあ。
 取引先のC社さんも、A君が遅くまで残業してまでメールをくれるって、喜んでたしなぁ。



 会社で契約している警備会社のセキュリティシステムの記録も、
毎日、A君が一番最後に、セキュリティをかけて、帰ってるみたいだしな。
 まあでも、会社が残業を命令したわけじゃないし、
A君がやりたくてやってるわけだから、まあいいか。
 A君だけ、基本給も高くしてあげてるしな。



それから6ヶ月経過したところ、A君は、疲労がたまり、疲れが見え始めました。



そして、仕事の疲れから、ミスが連続するようになりました。
少しずつ、A君に対するクレームが増えていくようになりました。



B社長
 おい、A君、君はまたミスをして、クレームがきたそうだな。
 君はがんばっているから、最初のうちは黙認していたけど、
今月だけで5件目のクレームだぞ。もう3ヶ月連続で、毎月3件契約を着られてしまったぞ。
 しっかりしたまえ。君の担当先は、みんな君のがんばりをとても評価しているんだから、
今更、担当は代えられないんだから、しっかりやってくれ



A君
 は、はい。わかりました。申し訳ございません。

A君は、内心、こう思っていました。



A君
 くっそー、僕だけ、こんなに仕事押しつけられて、
社内で一番売り上げもあげているし、一番長く働いているのに、
あの言い方はないよな。
 それに、毎日全然早く帰れないし。
 かといって、仕事量を減らしてくれるわけじゃないし。
 いったい、どうしたらいいんだ。
 もうやめちゃおうかな。
 もう体がしんどいから、しばらく休みをとりたい。
 でも、うちの会社、退職金制度がないから、生活を考えると不安だなぁ。


ある日、A君は、たまたま、パソコンに向かって、インターネットをしていました。



A君
 んん、なんだこれ。
 今、はやりの残業代請求?。



 金額は、時間給の1。25倍や1。5倍?
 そうなのか、
 2年分までさかのぼれる??? 
 残業代の証拠を確保すればもらえるかも?



 証拠はタイムカード、



メール、



セキュリティ記録,



パソコンのログオン・ログオフ記録などさまざま
 もらえる金額は、ここでだいたいの金額を計算できる?
 残業代は,本来,法律で払わなければいけないものです?



そうだったのかー。本当だったらもっと残業もらえていたはずなのに,だまされていたのか。
あたまにきたぞ。よし、今から残業の証拠,タイムカードや,パソコンのログオン・ログオフ記録を確保して、退職して、残業代を請求するぞ。


> 
その後、A君は、辞表を提出しました。
そして、2ヶ月が過ぎました



B社長
 あー、青空の下のゴルフはきもちがいいなぁ



プルルルル

B社長
 お、電話だ。秘書のC子くんだ。どうしたんだろう

C子
 社長、大変です。裁判所から、書類が届きました。



 中身は、訴状となっています。
 退職したA君が裁判を起こしたようです。
 中身は、残業代を500万円支払え、となっています。



B社長
 なにい、なんで我が社が500万円も、支払わなければならないんだ。 おかしいだろう。



こうして、裁判所での裁判が始まりました。



B社長
 まあ裁判なんて堅苦しいことやってるけど、
我が社が負けることはないだろう。
 だって、たしかに、A君は残業が多かったけれども、その分、基本給をあれだけ何度も、昇級したんだし、我が社で一番多く給料をはらっていたんだぞ。
 A君も納得してたんだし、残業代以上に給料払ってたんだから、我が社が負けるはずがない。



こうして、裁判がはじまり、一年がたちました。判決言い渡しの日になりました。



裁判官
 静粛に。判決主文、会社は、A君に対して500万円を支払いなさい



B社長
 ええ、なんで我が社が500万円払わなければならないんだ。
 我が社の完全敗訴じゃないか。なぜだー

===========================

『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
 :士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

===========================

不当解雇問題(ブラック社長バージョン):紙芝居型ブログ・ブログ#66

 今回は,

不当解雇裁判の流れについて,

 紙芝居型でお伝えします。

 今回は,通常版と異なり,

ブラック社長バージョンです。

 (学習の便宜のため,

  実際の裁判とは異なる部分があります)

 こちらはA君です。
 A君は、新卒で、
食品の卸売り会社の
営業マンとして入社しました。

 A君は,
まじめな頑張り屋さんでした。
 新社会人として、
毎日を一生懸命がんばっていました。

 あー、今日も忙しい、
 毎日,あちこち駆け回ってるなぁ。
 これが社会人生活ってやつかぁ。
 でも、毎日充実しているなー

 A君は,毎日必死にがんばって,1年が過ぎました。

 他方,こちらはB社長です。
 B社長は,裸一貫で東京へ状況し,
必死に働いて,現在は,
従業員を100名抱える社長です

 最近の不況で,B社長は,
会社の状況がどんどん
悪くなっていると感じておりました。

 うーん,まずいなぁ。
会社の業績がどんどん落ちてる。

 これはちょっと経費削減
しなければいけないな。
 どうしようかな。

 そうだ,まずは,やっぱり,
一番若い社員にやめてもらおう。

 一番若い社員は,
会社への貢献度もまだ低いからな。

 それに若い社員なら,
ほかの会社でやっていけるだろうし。

 うちで一番若い社員はA君だな。
 よし,A君をやめさせよう。

 じゃあ,どうやってやめさせようかな。
 いきなりだとびっくりするだろうしなぁ

 そうだ,A君が業務でなにかミスをしたら,
それを理由にしよう

 ある日のことです、
会社にいたA君に、
先輩のCさんから電話がかかってきました。

 Aくん、Cさんから電話ですよ。
 なんだか怒っている様子です。

 ええ、僕ですか。
 なんだろうなあ。はい,もしもし,

 Aくん、君は納品ミスをしてくれたね。
 これで2か月連続じゃないか。

 すいません、申し訳ございません。

 まあ,二回とも,
私がフォローしておいたから,
特に問題は発生しなかったからいいけど,
もう二度とこんなミスをしてないでくれよ。

 本当に申し訳ございません。

 はー、こまったこまった
 また社長におこられちゃう。
 前回ミスしたときも,
こっぴどく怒られたからなぁ。
 はー,嫌だなあ。
 社長,怒り出したら,とまらないからなぁ。

 事情を聞いたB社長が,
外出から戻ってきました。

 おー,A君,おつかれさま。
 先輩のCさんにまた怒られてしまったらしいね。
 大変だったね。疲れただろう。
 ところで,ちょっと社長室に来てくれ。

 あれ,社長,全然怒ってない。
 なんでだろう。まあいいか,助かったー
 コンコン,失礼します。
 社長,なんでしょうか?

 今日は,A君に話があってね。
 先日も納品ミスをして,
 今日も納品ミスしてしまったね。
 でも私は全然怒ってないんだ。
 そんなときもあるだろう。
 仕方ないよ。いいんだ。
 ただね,A君には,
この仕事,向いてないと思うんだ。
 君には,
君の才能をもっと活かせる
仕事があると思うんだ。どうだね,
どこかほかの会社に行ってみないか?

 いえ,自分は今の仕事が大好きですから
やめたくないんです。

 いやいや,
A君にはもっと向いている仕事があるよ

 いえいえ,
私は会社が大好きなんです。どうかこのまま働かせください。

 いーや,君にはほかの会社のほうが合ってるよ

 そんな、どうか、どうかここで働かせてください。

 君ねぇ。今日も納品ミスして,
こないだもミスして,
会社にどれだけ迷惑を
かけていると思っているんだ。
 全く。もう会社に君の居場所はないんだ。

 そんな,自分は,先月、
こどもがうまれたばかりで、
今、自分が必死にがんばらなければ、
妻と子どもを食べさせていけないんです。
どうか、このとおりです。

 うるさい。
 2ヶ月連続で納品ミスを
しておきながら何を言っているんだ。
きみはクビにする。

 君にはね,
30日分の給料を上乗せして払う。
そうすれば,法律上,
会社は君をクビにできるんだ。

 ええー,そうなんですかー,そんなー

 こうして、Aくんは、
泣きながら、退社しました。

 A君は途方に暮れていました。
 A君は,たまたま
インターネットを見ていたところ,
「知らないと損する労働法」
というホームページを見ていました。

 え,なにこれ,ええー,
30日分の給料払えばクビにできるは誤解!

 日本の労働法では,
クビはなかなかむずかしい!!
 へー,そうなの,


 詳しくは,お近くの社会保険労務士まで。

 へー,そうなんだ,ちょっと,相談に行ってみよう。

 こちらは,社会保険労務士さんです
 こんにちは。今日は,どういったご相談ですか?

 はい,僕,会社をクビになってしまいまして。

 そうでしたか,それはどうしてですか?

 二か月連続で納品ミスをしてしまいまして。
 社長から,法律では,
30日分の給料払えばクビにできると言われました。

 A君はくわしく事情を説明しました。


 そういう説明をされたのですね,
実は,それ,よくある誤解なんです。


 どういうことかというと,
解雇予告手当という
法律・ルールがあって,
クビ,つまり解雇をするには,
30日以上前に予告をしなければならない,
 もし,その予告が間に合わないのであれば,
その間に合わない期間に対応した分の
お給料を払わなければならない
という法律・ルールがあるんです。


 これをみなさん,
誤解してしまって,
30日分払えばクビ・解雇できる
と誤解してしまっている人が多いんですが,
そうではなくて,
これは解雇の予告に関するルールであって,
実際に解雇が認められるかどうかは,
また別のお話なんです。

 そして,日本では,
解雇が有効になるには
かなりハードルが高いと言われています。
 なかなか解雇は難しいということですね。

 ええ,そうだったんですか,
社長がクビと言ったら,
クビだと思ってました。


 はい,みなさん,
意外と知らないのですが,
実はそうなんです。

 知らないと損することって,
実はたくさんあるんですよ。

 今回のケースだと,
たしかに納品ミスをしてしまっていますが,
それについて,
具体的な損害は発生しなかった
ということであるし,

 会社から解雇以外の処分を受けたこともないし,
配置転換等もされていない
ということなので,
法律的には,
今回の解雇は無効かもしれないですね。

 少なくとも,
30日分のお給料を払えば解雇できる
という説明は,間違ってますよ。

 そうだったんですか。知らなかった。
 ということは,僕,
騙されてたんですね,くやしいですっ

 二ヶ月後のことです。

 あー青空の下のゴルフは気持ちがいいねぇ。
 うーん、我ながらナイスショット

 ブルルルルル

 おや、電話だ。
 秘書のD子くんからだ。
 もしもし,なんだね。

 社長、大変です。


 東京地方裁判所から、
書類がきました。
 書類の中身は,
 訴状となっています。

 なにー!!

> 
 はい。原告は、Aくん、
被告は会社となっています。

 A君は不当解雇だと主張しているそうです。

 いったいどういうことだ。
 なんで、我が社が被告にされるんだ。
 納得がいかないぞ。
 A君のミスが原因なんだし,
 ちゃんと30日分の給料も上乗せしたんだし,
不当解雇なはずがない。

 こうして、裁判所での裁判が始まりました。

 まあ、裁判なんて堅苦しいことやってるけど,
Aくんはあれだけ
ひどい仕事をしたんだから、
クビで当然だろう。

 30日分の給料も上乗せしたから、
 我が社が負けるはずがない。

 裁判は、一年かかりました。

 一年後、いよいよ判決の日になりました。
 傍聴席では、判決をまつ人が集まっています。

 静粛に,判決を言い渡します
 判決主文 Aくんには,
会社の従業員としての地位を,認めます。


 また、会社は、A君にたいし、
解雇から本日までの一年分の賃金
500万円をはらいなさい。


 ええ、我が社の完全敗訴ではないか。
 しかも、この一年間の
給料500万円を払えなんて、額が多すぎる。
 なぜ、我が社がまけてしまったんだー なぜだー

(あくまで一例であり,ケースバイケースです。)

===========================

『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
 :士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

===========================