セミナー講師術

セミナーのオープニングは何を伝える? #28

講演・セミナーの,
オープニングは,
何をしていますか?

講演・セミナーの,
オープニングは,

最も,受講者の集中力が高いときの一つ,
と言われています。

その後,だんだんと集中力が落ちて行って,
講演・セミナーのまんなかあたりで一番集中力が低くなり,
その後,エンディングに向けて,
また集中力が上がっていく,
と言われています。

ということは,
そのオープニングで,
受講者を一気に「惹きつけること」をすれば,
その後,集中力を維持してもらいやすくなります。

満足度も上がります。

そんな大切な時間である,
オープニングに,

長々と挨拶をしたり,
自己紹介をするのが,
得策なのか?
要検討ですよね。

自己紹介は,
ツカミをしたあとでも,
問題ないケースが多いと思います。

では,
藤堂の場合はどうしているか?
というと,

私の場合は,
なにかしら「ツカミ」になること,
をしています。

どういうことかというと,
学習効果や,
受講者満足度を高めるために,

冒頭から,

「なんだか,今日は,ふだんのセミナーとちがうぞ!!」
と思ってもらって,

一気に,
講演・セミナー内容に,
引き込めるように,

「ツカミ」になることを,
しています。

たとえば,

・冒頭の第一声を「質問」から始める

・クイズをする

・テーマに関するワークをする

・受講者がもっとも聞きたいであろうことの,
「概要」を伝える

・効果音を使うような演出をする

・紙芝居を披露する

などです。

ただし,注意点があり,
あくまで,その講演・セミナーの,
メインテーマに関連している必要があります。

たとえば,
「労働法」に関するテーマのセミナーなのに,

以前にウケがよかったからと言って,
「民法」に関するクイズをする,
というようなことをしてしまうと,

受講者に,
「今日なんのセミナーだっけ?」
と思われてしまいます。

そういった形で,
なにかしら「ツカミ」をして,

受講者の方に,
「今日も,よくあるセミナーが始まったなぁ」
と思われるのではなく,

「なんだかいつもと違う!」
「なにが始まるんだろう!!」
「おもしろそう!!!」
と思ってもらうことが目的です。

以上,本日は,
講演・セミナーのオープニングについて,
お伝えしました。

=========================
『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
 :士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

=========================

セミナーのエンディングは何を伝える? #27

セミナーのエンディングは,

なにを伝えていますか?

 

私が,実際に失敗を連続して得た学びは,
 

セミナーのオープニングは「ツカミ」
セミナーのエンディングは「メッセージ」を伝える,

という方法です。

今回は,
エンディングの「メッセージ」について,
お伝えしますね。

まず,実例を見ていただいほうが,
わかりやすいと思うので,
こちらをご覧ください。

 

 

この「メッセージ」の
ポイントをお伝えしたいと思います。

エンディングのメッセージは,

・あなたがセミナーを通して伝えたいこと,
・理念や想い
・ビジョン
・目指す目標
・創りたい社会
・世界観

などを感情を込めてお伝えします。

できれば,
著作権に注意しながら,
メッセージに合ったBGMもあると,
より世界観をお伝えしやすくなります。

私,藤堂がお伝えしたいメッセージは,

『知らない』で『損する』をなくそうという理念,

そのためには,
士業が,講師として,
大活躍し,その専門知識を,
多くの方に届ける必要がある,

というメッセージを,
お伝えさせていただいております。

私が,大失敗したのは,
これをオープニングに持ってきたしまったときは,
受講者の方が「ポカーン」としていました。

今にして思えば,
私が受講者だったら,
「今日なんのセミナーだっけ?」
という感じですよね(苦笑)

エンディングのメッセージは,
セミナーの最初から最後まで,

終始,全力で,
かつ,
感情的なセミナーを最後までやり抜いた後で,

エンディングに持ってくるからこそ,
効果があります。

それまでに,
講師に対する信頼度を少しずつ積み上げて,
積み上げ切ったエンディングで,
お伝えすることをオススメします。

私の場合,
このエンディングのメッセージを
お伝えするようになって,

受講者からいただくコメントが,

「おもしろかった」
から
「感動した」と言ってもらえることが,
多くなりました。

ということは,
よりいっそう,
ファンになってもらえる可能性が,
高くなったと思いますので,
オススメです。

=========================
『知らない』で『損する』をなくそう!!

特典付き無料メルマガ&無料動画講座
 :士業のための「ストーリー型講演のポイント」
https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)

=========================