時効の完成猶予・更新:民法改正ワンポイント解説 #39

今回の民法改正により,

新たに,
「時効の完成猶予」及び,
「時効の更新」
という制度が,
整備されます。

時効の完成猶予は,
時効がストップするイメージで,
時効の完成が法律で定められた期間だけ,
猶予されます。

時効の更新は,
時効期間が,
イチからやり直される,
というようなイメージで,
その更新事由が終了した時点から,
新たに時効期間が,
進行を始めることになります。

それぞれ具体例をあげますと,
「時効の更新」の例は,
たとえば,
債務の「承認」をすると,
この「時効の更新」に該当し,
承認時から新たに時効の進行が,
始まります。

また,
「時効の完成猶予」の例は,
たとえば,
裁判外の請求(いわゆる催告)をすると,
6か月間,
時効の完成が「猶予」されます。

(一般的には,
内容証明郵便での支払催告などですね)

===================
『知らない』で『損する』をなくそう!!
===================

メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa1
(登録特典付き)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルガマ登録はこちら


メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)


コメントを残す

*