金融機関との事前の信頼関係づくり #46

事業の資金繰強化のために、
金融機関との信頼関係作りの方法について、
お伝えします。

金融機関との信頼関係作りにおいて,
重要なことは、
資金需要が発生する前や、
経営が悪化する前に、

「事前に」、
信頼関係作りをしておくということが重要です。

この「事前に」という点が、
一番のポイントです。

これは、
お金を貸す立場になってみるとわかりやすいのですが、
経営が大変な状況になってからとか、
資金需要が発生してしまってから、
突然、融資の依頼にこられても、
なかなか、不安になってしまい、
及び腰になってしまいますよね。

逆に、経営が好調なときから、
事業計画を伝えてくださったり、
その進捗状況を報告してもらえれば、
とても安心できますし、
信頼関係を強化することができます。

以上より、
重要なことは、
経営が好調であるときこそ、
資金需要がまだないときこそ、
金融機関との信頼関係作りをしておく
チャンスだということです。

その方法としては、
やはり、
①事業計画書の提出することと、
②月次報告を行うことです。

ぜひ,こういった情報は,
うまく活用していただいて,
資金繰りを強化し,
本業に集中していただければと思います。

===================
『知らない』で『損する』をなくそう!!
===================

メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa1
(登録特典付き)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルガマ登録はこちら


メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)


コメントを残す

*