補助金・融資・経営お役立ち情報

補助金と助成金の違い #53

 

 

今回は,
経済産業省や中小企業庁関連の補助金と,
よく,混同されてしまう,
厚生労働省の雇用関係の助成金の違いについて,
お伝えします。


ひとつめの違いは,
補助金は,応募者の申請書類の点数付けをして,
上位の方から,予算の範囲で,
採択・合格になるということが多いのに対して,
厚生労働省の雇用関係の助成金は,
点数付けなどはなくて,
一定の条件を満たせば,
全員,支給してもらえるものが多い,
という違いがあります。


ふたつめの違いは,
募集期間の違いが挙げられます。
経済産業省や中小企業庁関連の補助金は,
募集期間が,1か月とか2か月とか,
とても短いことがあります。

これに対して,
厚生労働省の雇用関係の助成金は,
比較的,募集期間が長いものが多いです。

以上の二つのちがいから,
経済産業省や中小企業庁関連の補助金は,
早めに準備をすることと,
点数が高くなるように,
事前に準備しておくということです。

そのためには,
常日頃から,補助金情報にアンテナを張って,
できれば,募集開始よりも先に,
自社分析であるとか,
評価ポイントの情報を収集しておいて,
文章にしておくなど,
必要な準備を済ませておく方が,
当然,点数が高くなりやすいということです。

===================
『知らない』で『損する』をなくそう!!
===================

メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa1
(登録特典付き)

補助金申請3つのメリット #52

 

 

今回は,
補助金申請3つのメリット
についてお伝えします。


第1に,
当然,お金がもらえるということですね。

補助金の金額というのは,
50万円とか少額のものから,
1000万円単位のものまであります。

もし,
あなたの会社の利益率が30%の会社であれば,
たとえば,
1000万円売り上げると300万円が利益として残る会社の場合,
1000万円がもらえるということは,
1000万円を30%で割ると,
3333万円の売上げを稼ぐのと同じですので,
こういった金額のメリットがあります。


第2に,信用力・ブランドになることが挙げられます。 
つまり,
補助金申請を採択された会社,事業である
という信用力やブランドになるということですね。

たとえば,
1000万円の補助金申請が
採択されたということであれば,
その点に信用力があるので,
金融機関から融資を受けやすくなるという面があります。


第3に, 
申請書類を作る際に,
事業計画書を作ったり,
自社分析をしたり,
経営を振り返る機会がありますので,
このメリットが大きいと思います。

たとえば,
事業計画書を作れば,
そのまま金融機関に提出して,
信用力を増やすこともできるかもしれませんし,
経営をふりかえったことがきっかけで,
新しい事業を思いついたりする
というのはよく聞くことです。

ただ,普段,
忙しくて,
そういうきっかけというものがないと思いますので,
補助金申請がそのきっかけになるということですね。

これは,
補助金が採択・合格するかにかかわらず,
得られるメリットです。

以上,補助金申請3つのメリットでした。

===================
『知らない』で『損する』をなくそう!!
===================

メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa1
(登録特典付き)

補助金申請4つのポイント #51

 

 

今回は,
経済産業省や中小企業庁関係の
補助金を申請する際の
4つのポイントについて,
お伝えします。

多くの補助金では,
応募書類に点数をつけて,
上位の方から順番に採択される,
つまり,合格ということで,
補助金が交付されることになりますので,
いかに,点数を多くつけてもらうかということが,
重要になります。

そして,
審査の対象になるのは,

①自社分析と②補助事業計画,

を審査されることが多いです。

ポイントは,以下の4つです。


第1に,
自社分析をしっかり行うということです。
自社分析というのは,
文字どおり,
自社を適切に分析できているか,
それを説得的に,
文章で表現できているか,
ということがポイントになります。

そのため,
事業計画書を作るときと同じように,
日頃から,
SWOT分析・3C分析・誰に何をどのように分析など,
ポピュラーな分析をしておくと,
採点者にも,
適切な自社分析ができていることが伝わります。

② 
第2に,
公募要領を読み込むことです。

上述のとおり,
補助事業計画の内容を審査されますので,
これは,その補助金制度が,
応募された方の事業に
マッチしているかということを審査されます。

そこで,重要なのが,
「公募要領」といって,
その補助金を申請するときの
マニュアル・手引のようなものですね。
そのなかでも,
特に,どういう部分を審査するもの,
ということが,なんとなく,
伝わる部分があります。

そこをしっかりと読み込んで,
それを文章に反映すると,点数が高くなります。

公募要領のなかで,
審査のポイントが,
はっきりと加点すると書いてある部分もあれば,
そうでなく,なんとなく,
ここが評価の対象になるのだろうな
という部分もありますので,
しっかり読み込むことが必要です。


第3に「わかりやすくアピール」することです。
たとえば,先ほどの,
公募要領のポイントであると思う部分を,
そのまま,「小見出し」にすることをおすすめします。

そうすると,採点官にも,つたわりやすくなります。
そのほか,テクニックとしては,
写真・図・グラフなどを活用するという方法もあります。


第4に,「早めの準備」です。
上述のとおり,
申請書類の点数で,評価されますので,
当然,じっくり書類を作れるほうが,
点数が高くなります。

そこで,今からでもできること,
それは,自社分析です。
これは今からでもできますので,
ぜひ,すぐに着手することをおすすめします。

以上,補助金申請4つのポイントでした。

===================
『知らない』で『損する』をなくそう!!
===================

メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa1
(登録特典付き)