書籍紹介「日本一わかりやすい経営理念のつくり方」 ブログ#270」

 

 最近,事業計画書の作り方について,
ご相談いただくことが増えてきました。

 事業計画書をつくることで,
1:自分の行動を律する
2:社員と共有できる
3:取引先にアピールできる
4:金融機関にアピールできる
などの効果があります。

 そして,事業計画書には,
「経営理念」が冒頭に書かれることが多いです。

 この経営理念についても,
再度,考え直したいという経営者の方が
増えているように思います。
  
 コロナによって,
さまざまな見直しがなされているため,
その一環なのかもしれません。

 自分でも,これまで経営理念・ビジョン・ミッションを作っては見直しを
繰り返してきました。作ってみて,日々,実践してみて,また経験値が増えて,見直したくなるということが何度もありました。

 そもそも,これらの定義については,人それぞれで,当然,法律などありませんので,どのように定義するかも自由であり,藤堂の場合は,

経営理念=経営の根本にある考え方

ビジョン=将来の理想像

ミッション=使命感をもって日々取り組むこと

というように理解しています。

 そして,これからも見直すと思いますが,本日現在の藤堂は,以下のように考えています。

経営理念 「知らないで損するをなくそう!楽しく学ぼう!」

ビジョン 「ビジョン実現を応援し合える社会を創る」

ミッション 「守りのトラブル予防と攻めの人財育成でビジョン実現を応援する」

 藤堂は,時間をかけて,何度も考えなおすという作業を繰り返してきましたが,ほかにはどんな方法があるのだろうと考えていたところ,
たまたま見つけた書籍が
「日本一わかりやすい経営理念の作り方」坂上仁志著
(中経出版)でした。

 とても素晴らしい内容でしたので,ご紹介させていただきます。

 特に,いろいろな言葉の定義が紹介されていたり,経営理念は弱い自分への戒めになること,日頃から口に出すことで逆境になったときに弱い自分にブレーキをかけられる,具体的な作り方の例など,とても参考になりました。

 また,経営理念は作っただけでは意味がなくて,いかに浸透させるかが重要であり,毎朝の朝礼で唱和する,仕事の中でも経営理念に基づいて考える・話す,週に一回その週の出来事をもとに経営理念の勉強会をする,月に一回自社事例をもとに経営理念勉強会をするなど,手法もとても参考になります。

 それと,やはり,数に多く触れてみるということで,他社の事例をたくさん見てみるということも紹介されていて,とても勉強になりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルガマ登録はこちら


無料動画講座&メルマガ(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4


コメントを残す

*