紙芝居型講師のメリット~本業への好影響編 #6

今回は,
紙芝居型講師の,

本業への好影響編です。

(1)ブランディング効果

 

 

セミナー活動が増えたことで,
本業の面談・相談を実施する際に,

相談者の方が,
事前に,藤堂のホームページを見て,

「先生は,たくさん講演もされていらっしゃるんですね」
というふうに言われるようになって,
ブランディング効果がありました。

たくさんセミナーしている
先生だと思われるので,

ちょっとすごい先生かな
と思ってもらえて,
同じことを解説するのでも,
説得力が増してるのかな,と感じます。

その分野の専門家と思ってもらえる,
手続きの下請け屋ではなく,
「先生」という「ポジション」から,
話ができる,というメリットです。

なので,ホームページには,
しっかりと,講演予定も書いておいた方がいいですね。

トップページの,
ニュースとかトピック覧に書いておけば,
講演予定だけでなくて,
講演履歴もアピールできますね。

(2)先生と生徒というポジションの説得力

いきなり初対面の方の相談に乗るよりも,
一度,セミナーに来てもらって,
セミナーで,堂々と,
話をしている様子を見てもらって,

その分野の専門家
と思ってもらってから,
相談にのるほうが,
話をよく聞いてもらえるようになりました。

先生と生徒というポジションのメリットですね。

(3)本業のアピールになる

講演・セミナーで,
実力をアピールできるというメリットがあります

これは,
おためし商品のイメージですね。

 セミナーの場で,
「この先生に頼みたい」
と思うかどうか,判断されますることもありますね。

その場での立ち居振る舞いが,
見られているということですね。

そのため,
惹きつけるセミナーをする必要がありますね。

というのは,
士業・コンサルタントは,
目に見えないサービスを売るので,
講師自身のアピール力が問われますよね。

もちろん,
提供するサービスによって,
サービス提供のビフォアから,
アフターが
どのように変化したか
という結果が評価されますが,

それは,
申し込んで,
やってみないとわからないので,

本当に,
その士業・コンサルタントに
頼んで大丈夫なのかという疑問から,
セミナーでの立ち居振る舞いが見られていますね。

(4)コンテンツの再利用・2次利用

 士業・コンサルタントは,
専門知識の勉強をし続けなければならない
側面がありますが,

であれば,
せっかくの専門知識を,
講演・セミナー
たくさん呼ばれる状況を
作ることにより,

講師としても,
活かせるようにするのがお得だと思います。

どうしたって
勉強は続くので,
そうでであれば,

講師としても,
発信したほうが,
お得ですよね。

そして,
一度,作ったコンテンツは,
別の講演で再利用したり,

必要な部分を分解したり,
アレンジしたりして,
再利用できますよね。

また,
自分が話している動画や,

紙芝居をしている動画を
スマホなどで撮影して,
インターネット上にアップすれば,
ブログ・Facebook・Youtubeなどで
拡散できます。

いずれは
動画教材などの商品にもできるかもしれません。

また,
藤堂の場合,
補助金や融資の知識について,
ユーチューブにアップしています。

といのは,
忙しい経営者は,
長い文章だと読んでくれないことがありますが,

動画であれば,
動画のアドレスだけ送れば,
見てくれたりしますので。

以上,紙芝居型講師のメリットでした。

 

===================
『知らない』で『損する』をなくそう!!
===================

メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa1
(登録特典付き)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルガマ登録はこちら


メルマガ&無料動画講座「士業のためのストーリー型講演のポイント」

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa2
(登録特典付き)


コメントを残す

*