ビジネス書紹介22「メンタリング・マネジメント」:ブログ#298

 経営相談・ビジネスコーチングにおいて、
人財育成のご相談、
今いる社員さんにもっと成長してもらいたい、
というご相談は多く、
 
 さまざまなアイデア出しをしたり、
他社の取組事例なども参考にするために、
日頃から情報収集したいと思っているところ、
今回、ご紹介いただいた教えていただいた、
 
 福島正伸先生の
「メンタリング・マネジメント」(ダイヤモンド社)
目から鱗の連続でした。
  
 福島正伸先生は、
30年以上に渡り、日本を代表するいくつもの大手企業等で
約7,500回、述べにして30万人以上に
研修、講演を行われておられます。
 
 私なりの理解ではありますが、
本書では、
 
 過去、同じ商品が売れ続けていた時代には、
管理によって全体の生産性を高めるマネジメントが
なされていたところ、
 
 しかし、
現代では、常に新たな価値が求められ、
繰り返すだけの仕事は海外にシフトされており、
 
 今後は、創造的、個性的な仕事が
求められるようになってきており、
そこではもはや、「労働者」という概念ではなく、
ともにな時ビジョンに向けて、
自発的に創造的な活動をする「共創者」
と考えるとのこと、
 
 また、個人が働く目的も
生きがいという部分が大きくなってきており、
 
 これまでの管理を重視するマネジメントは、
変化する必要があることを提唱しておられます。
 
 そして、本書の全体を通して感じた事は、
「ミラー効果」のお話であり、
 
 たとえば、
本書の中では、
福島先生が、上司の方に部下の方の様子を聞けば、
上司の方のことがわかるというお話が紹介されており、
 
 具体的には、
上司の方から、
「最近の若者は、自分のことしか考えていない。夢がない」
というお話を聞くと、
 
 「この上司には夢がなく、みんなに夢を語っていないんだな」
と思われるそうです。
 
 これについて
「他人は鏡なのです。自分がやったことが自分に返ってくる」
と紹介されていました。 
 
 ほかにも、
「親が子から学ばなければ、子は親から学べない」
とのお言葉も紹介されており、
身につまされる思いです(汗)
 
(私も、子供に「勉強しなさい」と言っても、
 まず子供はやらないので(汗)
 これもミラー効果で、
 私が勉強してないからですね。
  反省です・・・。)
 
 また、このお話を聞いて、
いくつかの私の過去の体験を思い出しました。
 
 というのは、
経営相談・ビジネスコーチングの際、
 
 上記のとおり、
人財育成、
もっと社員さんに成長してもらいたいというご相談が多く、
 
 経営者の方は、心を砕いて、様々な取組・配慮を、
社員様にしてあげておられ、
時間、労力、費用など
様々な経営資源を投下しているにもかかわらず、
 
 なかなか成果が見えない、
社員さんの成長が見えてこない、というような、
よくある場面において、
 
 そういったご相談の際、
多くの経営者の方が、
社員様の見えないところで
とてもがんばっておられることが多くあります。
 
 そこで、私のほうから、
 
「社長、毎月、一人でそこまでお仕事されているのは、
社員のみなさんもご存知なのですか?」
とお聞きすると、
 
 経営者の方からは、
 
「必死になっているところとか、
 がんばっているところは社員には見せたくないんだよね」
と言われることが多いです。
  
 そのようなときに、
私のほうから、一つのアイデアとして、
 
「社長、たまには、
 そういった社長の裏でのがんばりとか、
 毎月、社長が難しい目標を設定して、
 チャレンジして、
 できなくても次回に活かす、
 というサイクルを回していることを、
 社員さんとも共有してみてはどうですか?」

というアイデア出しをさせていただくと、
 
 気恥ずかしそうでありながらも、
実際にやってみてくださる経営者の方もたまにいらっしゃり、
 
 そうすると、社員さんからは
「社長が会社にいないとき、
 そういったことをしてくださっていたなんて、
 知りませんでした」と言ってくださる社員さんがいたり、
 
 特に発言はないものの、
 少し様子が変わったような社員さんが現れたりすることがあり、
 
 「ミラー効果」のお話に近いものがあるように思いました。
 
 本書で勉強させていただき、
ビジネスコーチングの際の着眼点として、
この「ミラー効果」は特に重宝されると思うとともに、
 
 私自身も、
まず自分がやらなければと反省の連続のでした。
  
 本書は、上司と部下の関係についてのお話が多いですが、
ビジネスコーチングの際にも、
重要なお話が何度も出てきますので、
折に触れて読み返したいと思いました。
 
 読めば読むほど、気づきと自己反省の連続でした。
 
 ありがとうございました。

メルガマ登録はこちら


無料:「ミニ社員研修実践法」(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4