ビジネス書紹介19「13歳からのアート思考」:ブログ#295

 経営相談・ビジネスコーチングの場面において、
経営者の方とさまざまな事柄において、
一緒にアイデア出しをすることが多く、
 
 たとえば、
営業活動・マーケティング、セールス、ステップづくり、
人財育成、マネジメント全般にわたって、
そのときどきで、経営者の方の優先事項について、
 
 一緒にアイデア出しをすることが多いのですが、
なかなか良いアイデアが出せない経験をするたびに、
 
 自分の着眼点の狭さ、少なさを反省し、
その度に少しでも情報のストックを増やし、
視野を広げるために、
 
 ビジネス書を読んだり、
各種のセミナーに通ったり、
様々な方に会いに行かせていただいたり、
と試行錯誤する毎日であるところ、
 
 最近、
「アート思考」という言葉をよく聞くようになり、
アイデア出しに活かせることがあれば、ぜひ、
学びたいと思っていたところに出会った、
本書「13歳からのアート思考」
(末永幸歩先生:ダイヤモンド社)
はとても興味深いものでした。 
  
 特に、本書によると

●どんなに変化にすばやく食らいつこうと思っても、
 もはや追いつけないほどに
 世の中の変動が激しくなってしまった
  
●VUCAといわれる世界で、100年以上の寿命を生きることに 
 なるかもしれない私たちは誰でも、いつかどこかで
 予想もしなかった変化に見舞われたり、まったく
 見通しのきかない獣道を歩んだりすることになるはずです。
 そんな時でも、「自分の愛すること」を軸にしていれば、
 目の前の荒波に飲み込まれずに、何回でも立ち直り、
 「表現の花」を咲かせることができるはずです。

 
 とのこと、
とても説得力がありました。
 
 ついつい、頭でっかちで、他社情報を収集したり、
セオリーを重視しがちな私は、
  
 既存の考え方・手法を追随しがちであり、
気をつけなければならないと思いました。
  
 実際、これまでお会いしてきた経営者の方には、
ご自身の興味・実現したい事、強い想いをもって、
 
 既存の考え・手法・セオリーとは異なるアイデアで、
成功している経営者の方に、
多くお会いしてきました。
 
 
 そして、本書でいう「アーティスト」とは、
 
●「自分の興味・好奇心・疑問」を皮切りに、
 「自分のものの見方」で世界を見つめ、
 好奇心に従って探求を進めることで
 「自分なりの答え」を生み出すことができれば、
 誰でもアーティストであるといえる
 
 とのこと、
 
 さらに、著者の末永先生の講義を受講された方の感想に、
 
●自分の信念を「ビジネス」のかたちで人々に広げている人もまた、
 アーティストといえるのではないかと思う
 
 との感想が掲載されていました。
 たしかに、なるほど、
  
  経営者・事業主の方は、
ご自身の強い興味・関心・想いから、
全リスクを一人で背負ってビジネスを開始し、
 
 必死に活動し、
お客様満足を追求し、
取引先様にお支払いをし、
社員の方にお給料を支払って、
ビジネスの体制を構築し、
不測の事態・リスクに備え、
ビジネスを継続・継承できるように、
全身全霊で毎日、チャレンジ・挑戦し、
 
 ご自身の見方・答えを探求し続けている、
 
 まさに「アーティスト」であると思いました。
 
 アート思考をトレーニングするために、
なにか知識を暗記したりするということではなく、
 
 作品を鑑賞してアウトプットすること、
作品を見て、気が付いたことや感じたことを
声に出したり、紙に書いたりすることが推奨されており、
 
 この点は、
山口周先生の著書
「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」
(光文社新書)
と同様の主張であると思いました。
 
 絵心がまったくなく、
これまで美術について全く縁がなかった私でも、
作品を見てアウトプットすること自体は可能ですので、
おかげで、美術に対する興味が強くなりました。
 
 ありがとうございました。

メルガマ登録はこちら


無料:「ミニ社員研修実践法」(電子書籍プレゼント)

https://peraichi.com/landing_pages/view/todotakehisa4